性同一性障害を救った医師の物語⑩

たとえ罰せられても医師として覚悟の上。国や法律ができる前から医療は存在してるんだ」。性同一性障害の手術を約600例執刀した医師・和田耕治の知られざる物語。 日本国内で性転換(性別適合)手術がタブーの頃から自らの哲学のもと、性に悩める患者を救い続けてきた伝説の医師が今蘇る!書籍「ペニスカッター」より、本文を抜粋してお届けします。

性同一性障害を救った医師の物語⑩


前回からのあらすじ
日本での性転換手術の第一人者として奮闘する耕治。暗中模索しながら術式を開発していく。研究とし号錯誤の結果、性転換手術は順調に行われているように見えたがー。

第8章 最初の事故

昏睡

激務の中の開業は、たくさんの協力者と患者たちの声に支えられ、きわめて順調な出だしだった。順調すぎたのかもしれない。

それでも仕事中は一切気を抜かず、慎重に手術をしていました。それまでに色々と怖い体験もしている自分だから、自分の過失で事故は起こさないと確信していました。 ただ全麻中に偶発的に起こりうる脳卒中や心臓発作だけが心配でしたが、幸い美容外科は元来健康な人々を相手にしているので、あまり心配しなくてもいいだろうと考えていました。

最初の大事故に遭遇したのは、わだ形成クリニックが順調に軌道に乗り出した矢先の、一九九六年の一一月のことだった。豊胸手術後の患者が意識障害に陥るという初めての事態が発生する。 その患者は四国で活躍するニューハーフだった。開業前の一九九五年夏に耕治のもとを訪れている。当時彼が勤務していた梅田のSクリニックでのことだ。目鼻の整形と顔面骨切り縮小 手術を施し、それ以来の付き合いだった。

耕治は仕事の出張で四国に行った時、小綺麗になってショーハウスで人気者になって働いていたその患者の姿を見に行ったこともある。 次は豊胸をしたいと耕治のクリニックに来て、手術も麻酔も無事に終わった……はずだった。

実はこの日、別の患者さんの手術も予定されていたのですが、四国の患者さんが予定の飛行機に乗り遅れてしまい、それで後に予定してた患者さんを繰り上げ、四国の患者さんの豊胸と目の切開は夕方からのスタートになりました。たぶんはじめの予定通りの順序で手術が行われていたら、事故が起きることはおそらくなかったと思います。これは事故を患者さんのせいにしているのではなく、事故というものはいくつもの要因が不幸にも偶然に重なって起きることが多いということを言っているのです。

その日、手術が終わったのは夜の一〇時。麻酔を覚ましてから、耕治と助手のナースは夕食の弁当をナース控え室で食べていた。手術室から一〇mと離れていない部屋だ。耕治は目を離したとはいえ、手術室には二人のスタッフが残ってまだ朦朧としている患者をみていたし、患者には当然まだモニターが付けられていた。もう少し意識がはっきりしてから隣の安静室に皆 で移動させるつもりだった。

弁当を食べ終わる頃、手術室にいた二人のスタッフがナース控え室に戻ってきた。耕治は、 いま手術室には患者一人だけだなと気になったものの、モニターが付けられているので、異常 があればアラームが鳴るから大丈夫だろうとした。 彼は普段そういう状況なら万一の場合にそなえて、常に直接患者の傍に行って容体を自ら観察し、確認することにしていた。

ところがこの日だけは、連日の出張と激務の重なりで疲労が 極限状態だったこともあり、少しの時間なら……と腰が重くなってしまった。 しばらくして患者を安静室に移動させようと全員で手術室に戻ったところ、心肺停止状態となっていたのである。この一瞬の隙が、取り返しのつかないことを招いてしまった。

詳しい状況の説明は言い訳がましいので省きますが、実は血中酸素モニターが外れており、呼吸抑制が生じてもアラームが鳴らない状態になっていたのです。 呼吸抑制の原因はたぶん手術終了時に点滴の残りに入れた強めの鎮痛剤レペタンの副作用でしょう。点滴は空になっており、薬の効果が強く出始めた時点で呼吸抑制が生じたと思います。すぐに気道挿管し蘇生処置を開始し、心拍はすぐに復活しましたが、自発呼吸がなかなか戻らず、結局あきらめて救急センターへ搬送することになりました。 転院先の病院で数日後に自発呼吸は復活しましたが、意識レベルはあまり戻らないままでした。それでさらに治療が長引くことを考え、患者さんの故郷の四国の病院にヘリで移送転院することにしました。

それからは、耕治は毎月治療費と補償費を持って面会に行った。一年が経ち、回復状況も見えなくなってきた頃、長期の補償額(損害賠償)について裁判所で話し合うこととなった。自院の管理責任の至らなさを全面的に認めていた耕治は、裁判官の和解案に応じた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

性同一性障害の手術を約600例執刀した医師・和田耕治のノンフィクション

この連載について

初回を読む
性同一性障害を救った医師の物語

和田 耕治/深町公美子

「たとえ罰せられても医師として覚悟の上。国や法律ができる前から医療は存在してるんだ」。 性同一性障害者の手術を約600例執刀した医師・和田耕治の知られざる物語。 日本国内で性転換(性別適合)手術がタブーの頃から自らの哲学のもと、性に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PagannPoetry ペニスカッター、今週分の更新です。性転換手術はまさに命がけ。手がけてきて初めての医療事故に関する抜粋記事です。医者は医療を通じて、重いものを追っているとあらためて考えさせられる。 https://t.co/ZAP0qBCKuj 2ヶ月前 replyretweetfavorite