九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【杏仁豆腐】

ひび割れたタージ・マハルが視界の壁紙みたいに見えるようになって半年、
杏仁豆腐しか食べたくない。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

 朝靄を固めて作る杏仁豆腐赤いクコの実はおはようの印



 外来患者として、わたしは待合室にいた。

 ひび割れたタージ・マハルが視界の壁紙みたいに見えるようになって半年、杏仁豆腐しか食べたくない。

 けれどそんなのはおかしいから、相談に来たのだ。

 白衣の医師のネームプレートには「氷室」とある。それを見ただけでなぜか、落ち着いた。

 先生の体臭か、この診察室なのか病院全体なのか、杏仁豆腐の匂いがする。

「実は僕も、半年前から同じ症状なんです。卵の殻のモザイク画でタージ・マハルを描きませんでしたか?」

「ああ、小学生の時、夏休みに」

「多分それではないかと。それしか思い当たらないんです。視界のタージ・マハルは、その時のモザイク画そっくりではありませんか?」

「言われてみると、そんな気が」

「仏教的に考えると、成仏させれば消えるんですが。僕もお盆休みに実家に行くので探してみます。あなたも探してみてくれませんか? タージ・マハルのモザイク画を」

 実家に行くと、母が物置からそれを出してくれていた。年月を経たモザイク画は、一つの欠片が更に細分化され、ひび割れた中世のフレスコ画のようだった。

 答え合わせとして、診察室に持参した。

 氷室先生のタージ・マハルも、ひび割れたフレスコ画だった。

「僕の見立てが正しければ、ひび割れたモザイク画が、杏仁豆腐のようにふるふるに滑らかになることを欲している。あるいはあなたと僕が、それを欲している。透明ニスを持ってきたので、一緒に塗ってみませんか?」

 先生の診断は当たった。先生もわたしも、ニス塗りをしてからタージ・マハルを見なくなったし杏仁豆腐も食べたくなくなった。

 わたしはやっと、杏仁豆腐以外を食べたくなった。

 ある予感を確かめるために、先生と二人でタージ・マハルに行くことにした。

 先生がわたしを手招きして、タージ・マハルの裏陰に呼ぶ。彼が指差した先には建物にヒビがあり、そこから、杏仁豆腐の香りのする透明な液体が漏れ出し始めていた。




 ひび割れの無音の叫びを救いたいホモサピエンスの埋めたい衝動



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」一挙15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.53(2018年12月号)[雑誌]

朱野帰子,寺地はるな,結城充考,荻上チキ,平原卓,渋谷直角,柳瀬博一,さやわか,越谷オサム,伊藤朱里,十市社,赤楚衛二,中山七里,宮木あや子,九螺ささら,吉野万理子,青柳碧人,東川篤哉,最果タヒ,乾緑郎,門井慶喜,ふみふみこ,千葉雅也,砂田麻美,カレー沢薫,本坊元児,恒川光太郎,新納翔,新井久幸,あいみょん
新潮社
2018-11-16

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません