インスタ映えする詩人たち。世界の若者がいま「詩集」を読む理由

「2018年のイギリス、詩集の売り上げが過去最高」というニュースを読んだ。しかも、買った人の41%は13歳から22歳、という若い世代。韓国でも『花を見るようにおまえを見る』(ナ・テジュ)という詩集がベストセラーになった。では、いま注目したい日本の詩とは?

この世の文学の「はじまり」は詩だった

 そういえば忘れていたけど、この世の文学とか表現ってのは、基本的に「詩」から始まっていたのだ。
 口ずさみやすい韻を踏んだことばたち、なんとなく覚えやすい七五調。今でこそ「詩を読むのが好きです」なんて言うと、妙にクラッシックな高尚な趣味に思われそうだけど。でもよく考えれば、日々CMで流れる曲の歌詞だって「詩」といえば「詩」なのだ。
 そんなわけで、インターネットによる原点回帰なのか、いまイギリスや韓国ではにわかに「詩」が若い世代でブームらしい。

 こちらの記事。

 いわく、なんと2018年のイギリス、詩集の売り上げが過去最高とのこと。ちなみにどれほど売れたのかといえば、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

きみの言い訳は最高の芸術

最果タヒ
河出書房新社
2016-10-26

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ykuura |三宅香帆 @m3_myk |三宅香帆の文学レポート 2018年に詩集が130万部は凄い気がする。 詩を 5ヶ月前 replyretweetfavorite

mgcnbba なるほどね?!銀色夏生がインスタ始めたら最強なんじゃ?昔の森高千里モデルの詩集とか再掲したら超ウケそう 5ヶ月前 replyretweetfavorite