写真で話そう

背景で人物を紹介する

今回の「写真で話そう」は背景の話。背景に適度な情報を入れると、その人物に対する説明になります。その参考になるのは、意外にも……?

ワタナベアニです。あまり複雑なことを考えられないタイプなので、写真を撮るときもできるだけ状況をシンプルにしています。どこで何をしているのかを説明するのが好きじゃないのかもしれません。この人はここで何をしているんだろう、と想像してもらえる方が楽しいのです。

黒バックは完全に情報をシャットアウトしているから、否応なく人物が目に入ってきます。背景はあっても、出来事のしつこい説明になっていなければよしとします。

イタリアのある街で、いい雰囲気のレストランのお兄さんがいました。「この店で働く初日なんだ」と言っていました。黒バックを使おうと思っていましたが、せっかくの記念日なので店の雰囲気が感じられる場所で撮りました。

写真を撮るのに慣れると、人物に集中する目を背景にも振り分けられるようになっていきます。人物と背景のバランスがうまく取れていると、物語を感じるいい写真になります。それを学ぶには、意外ですけど報道写真が参考になります。ニュースの主人公がどこで何をしているのかを一枚の写真に閉じ込めているからです。日本はこの分野でかなり欧米に後れを取っていると感じます。

この人はこういう人である、と写真で伝えるのなら、ポートレートであろうともジャーナリズムの目は必要なんですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
写真で話そう

ワタナベアニ

写真家・ワタナベアニさん。年中無休、四六時中、カメラのシャッターを切り続けています。この連載ではそんなワタナベアニさんのライフワークともいえる、ポートレート写真を掲載していきます。レンズのむこう側で写真家は何を思っているのか、その様子...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません