第4回】”第二の革命” ~震源地米国の“独り勝ち” (前編)

シェール革命の震源地、米国では今、空前の開発ブームが沸き起こっている。ガスは次々と生み出され、それに携わる労働者たちの懐も潤う。米国南部テキサス州で開発現場の最前線を追った。(前編)

 「これが僕に最高の“自信”を与えてくれたものさ」

 3月28日午後、米国南部テキサス州の中心都市ヒューストン。待ち合わせた男性は、スターバックスの中でいきなり、ジャムの瓶に入った黒いどろどろした液体を取り出した。

 黒い液体といってもコーヒーではない。男性は「これがテキサスで取ったシェールオイルだよ」とサングラス姿に真っ白な歯で笑ってみせた。手に取ると、ガソリンスタンドでも嗅いだことのない強烈な臭いがした。

 この男性は、現在ヒューストン市内で、シェールガス開発の地質調査などを行うコンサルタントのポール・ガルビーさん(28歳)。コンサルタントとはいうものの、彼はつい最近までガス開発の現場のど真ん中で働く「ドリラー(掘削者)」と呼ばれる労働者だった。

 
原油を嗅ぎ恍惚の表情を浮かべるガルビーさん
 

 だが、湧き出るシェールガスが彼の人生を一変させた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
シェールが起こす3つの革命 ~シェールは世界の何をどう変えるのか

週刊ダイヤモンド

米国発の「シェール革命」が世界を揺るがしている。大量の“金脈”の誕生で、米国は新たな存在感を際立たせ、世界のエネルギー資源をめぐる既成概念を破壊しつつある。一体、シェールは世界の何をどう変えるのか、日本は大きな変化にどう対応すべきなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません