花田優一を褒めていた後ろめたさのようなもの

今回取り上げるのは、花田優一。元横綱・貴乃花の息子であり、靴職人であることが話題になりましたが、近頃いろいろとスキャンダルが囁かれようになりました。だんだん雲行きが怪しくなってきている彼を、武田砂鉄さんはどのように見ているのでしょうか?

「大勢の人が待っている」に弱い

行列のできるカレー屋だとか、チケット発売から数分で完売だとか、注文しても2年待ちのオーダーメイドだとか、大勢の人が待ち焦がれていて、でも、その大勢の人を待ち焦がれたままにしている人は、ポップな密着系ドキュメンタリー番組に採用されやすい。ふーん、こんな人がいるんだと適当に把握した辺りで早速投じられる、大勢の人が待ち焦がれているんです、という情報や状態を前に、マジか、そんなにすごい人なのかと、素直に納得してしまう。

「客を待たせている」に加点し過ぎた

いきなりテレビに頻出するようになった花田優一には、親が横綱だったとかそんなことは関係なく靴職人をやっているんです、との情報に、「とにかく今は、靴を作るペースよりも注文が殺到しており、完成までに時間がかかる」との現状が添えられていた。不倫して離婚するのは当人の自由なので、こちらがとやかく言うことではないが、その前後に浮上してきた、靴職人としての実力不足云々という査定が、彼を叩くために起動したものなのか、実際に実力がないのかは、いまだによくわからない。

ただ、納期の遅れについて客からのクレームが殺到している事実を聞けば、自分は「誰かを待たせている」状態に加点しすぎていたのか、と反省する。納期予定の段階でデザイン画が送られてくることもあった、と聞けば、今でこそ呆れるが、当初なら、「職人ってそういうものだから」と納得したかもしれない。「気分が乗らないとできない」が発生させる遅延を、「職人ってそういうもの」と適当に理解しかねないこちらは、密着系ドキュメンタリーを見過ぎなのだろうか。

この人もいつもの感じだったか
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ナンシー関に"賞味期限"はない

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sayokou |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 このネタ気になるけど、もう有料期間になってた😭 余裕のある時に読むぞぉ https://t.co/4HFJCyTnlA 9ヶ月前 replyretweetfavorite

yu_yurs |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 #のぶみ と一緒らしい。 https://t.co/CO0V5xcnSU 10ヶ月前 replyretweetfavorite