死別再婚」を両親から反対されたなら

29歳のとき、前妻に先立たれた男性と結婚した栗村さやかさんが、死別再婚で幸せになる秘訣を綴っていくこの連載。今回は、「夫が死別再婚であることで、自分の親が結婚に反対したらどうしよう」という不安についてです。まだ両親に話せていない栗村さんですが、「もしも反対してくる両親なら距離を置いてしまうだろうな」と言います。

前回、「義実家のメンバーとの付き合いをどう乗り切ってきたか」ということをお伝えしました。今回は、逆に「夫が死別再婚であることで、自分の親が結婚に反対したらどうしよう」という不安をどう解決したか、ということをお伝えします。

実は、これまで、「夫が死別再婚である」ということは、まだ両親に伝えられていない状況です。

これは、決して、「死別再婚が気まずいから隠しておこう…!」と思ったわけではなく、単に、うっかりミスで言い忘れていたのです。

はやく話さなければ!とは思うのですが、話題の重さ的に、LINEや電話で言うことでもないので、直接会って話す機会をうかがっています。そして、私は両親と離れて暮らしており、なかなか会う機会も無いので、まだ伝えられていない、という状況です。

でも、今はっきりしているのは、「もし夫が死別再婚であったことで反対されても、結婚するのは変わらない」「もしも反対してくる両親なら距離を置いてしまうであろうな」ということです。

そもそも両親が望む条件とかけ離れている彼

たしかに、親にとって、娘の結婚相手に婚姻歴があるかどうかというのは、重要なポイントかもしれません。しかも、私の両親にとっては、夫は、死別再婚であること以外に、気に入らないポイントが数点あります。

たとえば、以前、父に、「結婚するならどういう人がいい?」と聞いたところ、「正社員であること」を真っ先に条件に挙げてきました。夫は事業を営んでいますから、その条件には当てはまりません。だから、結婚前に両親と会った際、父は、夫の事業の様子をしきりに聞いてきました。

母は、「親戚関係で苦労しないほうがいい」と言っていましたが、夫は末っ子長男で、上に姉が4人もいます。一番上の義姉は、母とはたったの6才違いです。小姑が4人いることについて、母はとても心配していました。

だから、死別再婚のことはさておき、彼が両親の望む条件にあてはまりにくい人材であることは、最初からわかっていました。しかし、早く籍を入れたかったので、私は先にLINEでこう伝えていました。

「どうせ反対しても無駄だから、反対しないでね。反対したら、嫌いになるからね。私に嫌われるのって辛いでしょ? だから、いまのうちに同意しておいたほうが、今後の家族関係にとって、得になるよ」と。

どうせ親は自分より先に死ぬ

そもそも、親に反対された程度で結婚をやめる相手のことって、それほど好きではないのでは…と思います。

もちろん、親に祝福される結婚がベストです。でも、どうせ、親は自分より先に死にます。

もしも、両親がもっと老いぼれたときに、「あのとき、お父さん・お母さんのせいで、結婚できなかった!」と責めても、せいぜい謝ってもらうくらいしかできません。

だから、自分の結婚相手は、自分で決めた方がいいです。

むしろ、後妻であることで、反対されるとしたら、「え…見当違いなんだけど…?」と思います。なぜなら、後妻だからといって、家族に迷惑がかかることはないからです。

これが仮に、犯罪歴のある人ならば、話はべつです。たとえば、堅い職業(警察官や弁護士)の方にとっては、親戚に犯罪歴のある人がいると、採用や昇進の際に不利になると聞いたことがあります。

私には、現在未婚の妹がいます。妹が、将来「警察官の男性と結婚したい」と言い出したときに備えて、妹の人生に実害を出さないために、先に結婚する私が、犯罪歴のある人と家族にならない、という先手を打つ選択肢はアリだと思います。

でも、死別は犯罪ではないので、「実害がない」という判断を下すことができます。

たしかに私は、後妻であることで、たくさん嫌な思いをしました。たくさん傷つきもしました。私とのデート中に、何回も前妻の思い出話をされたり、前妻の名前で呼び間違えられたり、といったことです(第4回参照)。しかし、それらは全て、自分で選んだ道を進んだ結果起きたこと。だから、後妻であることで私が傷ついているのはただの自己責任。そして、そういった事件があっても、夫のことが好きだから、結婚を決めたのです。

だから、後妻だからといって、両親が反対する理由はないはずです。たしかに、最初に言っておかなかったのはミスだけれど、別に言っても言わなくても、結果は同じです。

そんな私のことを、きっと両親は応援してくれると思います。心からそう思えるのは、私も病気で死にかけたことがあるからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
前の女」よりも愛されたい

栗村さやか

結婚相手を亡くした人が、新たなパートナーと再婚する「死別再婚」。栗村さやかさんは29歳のとき、前妻に先立たれた男性と結婚しました。「前の奥さんを忘れられないのでは?」「前の奥さんと比較されてしまうのでは?」と心配する人もいるなか、栗村...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません