東洋一の鍾乳洞、光がない地底湖…南大東島の自然に圧倒される!

まだ知らない日本に会いに行く! あなたも新しい発見を求めて、“非日常”が味わえる離島を旅してみるのはいかがでしょうか?
国内30の離島を取り上げた書籍『離島ひとり旅』のなかから、いま著者が本当にオススメする離島の紹介と、離島での一期一会の記録を特別連載いたします!
最終回となる今回は、鍾乳洞・地底湖…など様々な自然を体験できる沖縄の南大東島をご紹介します。

絶海の孤島、南大東島

私が南大東島を訪れるキッカケになったのは『旅立ちの島唄』という映画です。南大東島には高校がないため、子どもたちはみな高校入学を機に島を出るのが通例。島には「ボロジノ娘」という、小・中学生からなる民謡を歌うグループがあるのですが、彼女たちが中学を卒業する15の春に、島と島民に向けて「旅立ちの唄」を歌う伝統があり、前述の映画はそれを扱った作品です。

私は「せっかくならその行事が見られる時期に!」と、映画を観た翌年の2014年の3月上旬に島を訪れました。フェリーは週に1〜2便のみの運航で片道15時間かかるため、3泊4日の日程でもOKな飛行機を利用しました。1~3月はちょうどサトウキビの刈り取りが行われるため、空路でアクセスする場合は、地上に広がる緑と土色のパッチワークをお見逃しなく。この時期しか見ることができない、空の旅ならではの絶景です。

那覇空港から南北大東島間をプロペラ機が1日1往復しています

午後に島に到着すると、宿泊先のホテル「よしざと」に荷物を置いて、自転車で「星野洞」という鍾乳洞へ。営業終了5分前でしたが、受付のおじいに「まだ見られますか?」と尋ねると「行っておいで」と快諾してくれました。洞窟内は懐中電灯と首かけラジカセを借りて見学するのですが、この音声ガイドがなかなかユニークでした。

鍾乳洞は東洋一と言われるだけあって、神秘的な美しさ。ここまでの規模になるには数百万年はかかるのだそうです。南大東島では島を出る子どもたちが星野洞の中に泡盛を置き、成人式のときに飲むという習慣がありますが、洞内があまりに広いためどこに置いたのか忘れてしまう人が続出(笑)。現在は一定の場所に置くようにしているそうです。

東洋一とも言われる鍾乳洞「星野洞」。中はとても広く蒸し暑かったです

洞窟内を隅々まで歩くにはかなりの時間を要し、湿度も高いので汗だくに。外に出ると受付のおじいがやってきて「ちょっとひとりで見るのは寂しいとこだよね。おじいが一緒に行ってやっても良かったんだけど」と。確かに奥まで行くには少し心細かったので、お願いしたかったかも……と思いました。

クレーン乗船、そして旅立ちの島唄

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

離島デビューにオススメの島からマニアックな秘島までご紹介!

離島ひとり旅

大畠 順子
辰巳出版
2018-07-31

この連載について

初回を読む
超リトウ系女子が教える、本当におススメしたい離島旅行

大畠順子

まだ知らない日本に会いに行く! あなたも新しい発見を求めて、“非日常”が味わえる離島を旅してみるのはいかがでしょうか? 国内30の離島を取り上げた書籍『離島ひとり旅』のなかから、いま著者が本当にオススメする離島の紹介と、島での...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません