ぼっちになったらどうしようと思ってたんだ。

父親になるってどういうこと? ググっても答えが出ないから自分で書いてみた。ライブやフェスをレポートするのが趣味のネットユーザー、本人さん(@biftech)による子育て実況連載、第19回。誰にも頼れないかもしれない不安があったけれど、世の中は思いのほかに寄り添ってくれるものでした。

産前からとにかく不安や心配をたくさんしてきた。生まれる子がもし女の子で、大きくなって「お風呂なんで先に入ったの!?」と責めてきたらつらすぎるとか、子供の外見がおれに似たら苦労かけちゃうとか、夜全然寝ないパリピ生まれてきたらつらそうとか。想像のつかない未来はどうしようの祭典だった。

その祭りのトリを務めたのが「誰にも頼れなかったら」というものだった。この東京には親はおらず、おれと妻のふたりで子育てをするほかない。駅からも距離があるし、何かあったら誰か頼れるだろうか、ご近所でいわゆるママ友パパ友を作れるだろうか。これまで人一倍ひとり遊びを繰り広げた身分なのに、新しい命を守る立場になって急に「どうしよう! ぼっちじゃん?」となってきた。

そして、子供が産まれ、2019年1月。男児は生後8ヶ月を迎えた。厳しい寒さと色々しんどい日本の真冬ではあるものの、おれたちはまあ健気にやっていけてる。孤独を感じることは、幸いなことにまだそんなにない。出産以降、いろんな人が引き寄せられてきてくれたからだ。

抜群の吸引力は赤子から発せられていた。例えばイオンモールにベビーカーを連れて行くとする。すると野生のおばちゃんが「あらー!」と寄ってくる。

はじめはちょっと距離を置いたところでパッカーッと顔をほころばせ「かわいいわあ、かわいいわあ」とこちらに話しかけるでもなく口にしていて、我らはそれをヘラヘラ見守る。するとおばちゃんはその間合いを詰め、勝手に足とか触りだすのがセオリー。えっババア近っ。でもだいたいこんな感じ。ほかには「うちにもいるのよお(知らんし)、1歳半なの(けっこう離れてるし)」という会話を始めたり、何かを思い出して泣かれたりしている。最初はびっくりしたけれど、子供もニコニコしているしありがたい。

あと、電車内でも周りにいる人が勝手にうちの新人をもてはやしてくれる。横とか後ろで明らかに変顔して笑わせてくれる人なんかも少なくなくって、「これ……おれはどう接したらいいんだろう」と、なんとなく気づかないふりをしたままだ。小さな戸惑いはありながらも、そんな形で子供が社会との接点を引っ張ってきてくれるので、自分たちもそれにあやかれて結果さみしくない。

こうした社会とのコミット以外にも、自分に寄り添ってくれている社会というものがある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
こうしておれは父になる(のか)

本人

「今にこの子は「パパ」としゃべるだろう。そのとき自分は、何としてきみを抱きしめたらよいか、再び考えてみよう」――ライブやフェスをレポートするのが趣味のネットユーザー、本人さん(@biftech)がはじめての子育てを実況! 父親目線で見...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Akiko0702 大なり小なりあれど、子供を授かり育てている親は、皆同じようなことで悩み苦労してい… https://t.co/VzyHgWWIle 10ヶ月前 replyretweetfavorite

hoihoi_hootoo 読んでる間ずっと、「わかる」「それな」「そうそう」「ああ...」と唸りながら頷いていた。育児アカの皆様にもぜひ読んでほしいな。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

3839Ay 人一倍ひとり遊びを繰り広げた身分なのに、新しい命を守る立場になって急に「どうし… https://t.co/9xnH2rmG57 10ヶ月前 replyretweetfavorite

yor_nagisa 夜泣きで心身ツライ状態の全私が癒された。ありがとう。。 ◆ 10ヶ月前 replyretweetfavorite