​人は得よりも損で動く

飲食店を経営する林伸次さんですが、お客さんに2度目の来店をしてもらうのが大変だと言います。そんな中、林さんが訪れた大繁盛のワインバル。そこにはリピーターを作るある方策がありました。

リピーターを作るのはすごく大変

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

お店って、とにかく一度目に来店してもらうのが大変です。初めてのお店って「すごく美味しいらしい」とか「とにかく安いらしい」とか「店員が美人(あるいはイケメン)らしい」とか、何かすごく行きたい理由が必要なんです。で、やっとの思いで、一度来店していただきますよね。その次の2回目に来店してもらうのが、これまた大変なんです。

あなたはそういう「たまに行く小さな飲食店」ってありますか? スターバックスや吉野家みたいな大手には何度も行った経験があると思います。でも小さいお店に通うのって、ちょっとだけ心理的負担のようなものがありますよね。「距離感をどのくらいにしたら良いのか」とか「通いすぎじゃないか」とか、ちょっと難しいです。それが大手だと、最初から向こうが「お久しぶりです」とか「今日は暑いですね」とか言ってこないから、毎日通っても良いし、たまに行ってもいいわけです。

でも、小さいお店ももちろん、たまに来店してもらうのが全てなんです。とか言いながら、僕も正直に言ってしまうと、お店って一回行くともう満足です。すごく美味しかったり、すごく良い雰囲気だったりしても、もう一回行く理由って本当にあまりないんですよね。特に今は、「SNSでアップしたら、そのお店はもう一回行く必要なし」という気持ちもありまして、まあ2回目って難しいです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chirinuruasamin 人は得よりも損で動く|林伸次 @bar_bossa | 11日前 replyretweetfavorite

yoshinon 「損失回避」という認知バイアスを上手に使った商売は上手くいく。​ 人は得よりも損で動く | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

iku0602 なるほど。ビジネスのヒントになる。 人は得よりも損で動く|林伸次 @bar_bossa | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

o_oz_za_a 人は得よりも損で動く|林伸次 @bar_bossa | 5ヶ月前 replyretweetfavorite