性同一性障害を救った医師の物語⑥

たとえ罰せられても医師として覚悟の上。国や法律ができる前から医療は存在してるんだ」。性同一性障害の手術を約600例執刀した医師・和田耕治の知られざる物語。 日本国内で性転換(性別適合)手術がタブーの頃から自らの哲学のもと、性に悩める患者を救い続けてきた伝説の医師が今蘇る!書籍「ペニスカッター」より、本文を抜粋してお届けします。

性同一性障害を救った医師の物語⑥


前回からのあらすじ初めての除睾手術に挑んだ耕治に、ニューハーフのAさんは完全な性転換手術を依頼する。多くの人の手を借り、複数の術式を参考にして手術は行われた。Aさんは無事に性転換手術を終えたのだった。

手作りシリコンプレート

しだいにSRS(性転換手術)の研究に熱心になっていく耕治であったが、しかしまだ表向きは一般的な美容形成外科の勤務医でしかない。全国の勤務先で通常の美容整形をこなす中で、 彼はその技術も向上させてゆく。 そういった現場では、当然ながら女性の顔をより美しくするための手術が主体になる。むろん、ニューハーフの人たちにも施してはいたが、女性客が主である職場の都合上、その延長でこなすぐらいの気持ちでしかなかった。

一九九四年にAさんの性転換手術をしてから、耕治は冗談酒場にまた時折顔を出すようになった。 当時、彼が定宿にしていたのは、梅田のビジネスホテルだった。その年の秋、以前冗談酒場に在籍していたNさんが今は梅田のJ&Bという店にいると聞き、ある日そのJ&Bに出向くことにしたのである。 Nさんに会うのは、およそ一年半ぶりだった。Nさんは耕治に会うなり「ちょうどいいところに来た、先生にぜひ会わせたいコがいるのよ」と、その店のHさん(その後チーママになる)のことをすごい整形マニアだと耕治に紹介したのだった。

冗談と思っていたら、確かに色々とやっており、おっぱいは良いデキでしたが、目鼻はちょっと引くくらいわざとらしさがあって、Hさんはなかなかうまくいかないのよ、どうしたらいいの? と真剣に相談してきました。

耕治は色々と提案した。近日中に彼が週二〜三回勤務していた梅田のSクリニックに来てもらって、全顔のやり直し整形をすることになった。 決めたプランはまず経鼻挿管の全身麻酔で下顎の手術を済ませ、経口挿管に入れ替えて目の切開、鼻の骨切り、最後に額のプロテーゼ挿入というものだった。しかし当時、額のプロテーゼは日本の「高研」が作らなくなってから良い品が入手できない状況だった。それなら仕方ないと、耕治はシリコンプレートの原板から薄切りして手作りすることにしたのである。

血流を良くするためプレートにたくさん小孔を開けるのですが、思いのほか良くできたので記念に小孔で自分のイニシャルを刻んだのを覚えています。 ただ額のプロテは数年経つとやはり組織の血流の低下からプロテ上の皮膚筋肉が薄くなり、浮動しやすくなるので、Hさんの場合も五、六年後には抜去して、今は別の方法で額の丸みを作っています。鼻はその後も何回か修正しましたが、その時は一応全部う まく行き、すっかり顔が美しく変貌し、信頼を得ることができました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

性同一性障害の手術を約600例執刀した医師・和田耕治のノンフィクション

この連載について

初回を読む
性同一性障害を救った医師の物語

和田 耕治/深町公美子

「たとえ罰せられても医師として覚悟の上。国や法律ができる前から医療は存在してるんだ」。 性同一性障害者の手術を約600例執刀した医師・和田耕治の知られざる物語。 日本国内で性転換(性別適合)手術がタブーの頃から自らの哲学のもと、性に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yukihgs "オカマの口は光より速い" ことばの瞬発力よ。 1年以上前 replyretweetfavorite

xS1BaVgAVMhSI2P やや不謹慎かもしれませんが、“オカマの口は光より速い”はひとつの名言であると思います。 1年以上前 replyretweetfavorite

hojosha 絶賛発売中の新刊『ペニスカッター: 1年以上前 replyretweetfavorite