19歳の子に、結婚しないで遊んでて不安じゃないの?と聞かれる。

急な目的地変更で、鹿児島空港に降り立ったユウカとアキ。そこで一人の少女と出会った。彼女は妊娠していたようだった。

「そうね。私もまた同じ航空会社の飛行機に乗って沖縄に行くのは嫌だから、フェリーで行こうかしら」

アキは事もなげにそれを言ったため、ユウカは目を丸くした。

「じゃあ、アキさんも残るんですか?」

「1、2日なら、居てもいいわよ。ユタばあさんには、電話して伝えればいいだけだし」

「よかったぁ。私も一人で残るとなると不安だったんですよね」

アキは喜ぶユウカを傍目でみながら、ベッドで寝ている女の子に視線をうつしていた。

「あなた、お金あるの?」

「……ない、と言ったらくれるの?」

「正直にいいなさい」

ユウカは2人のやり取りを見ていた。 ベッドで寝ていた女の子はそばにあったバックから財布を取り出して数枚のお札を数えた。

「たぶん、沖縄についてから実家までの交通費くらい」

「保険証はあるの?」

「あるけど、実家に置いてある」

「じゃあ、鹿児島の病院へはとりあえず自費で入院しないといけないのね。わかったわ。あなたも同じ妊婦だし、見て見ぬふりもできないから、ここの入院費はユウカと私で払うから、安心しなさい」

「え、私も……?(アキさんが払ってくれるかと思ったのに)」

「ユウカ……。人助けができて本望でしょ」

アキとユウカのやり取りをみていたベッドで寝ていた女の子が、ユウカの手をグッと握った。 ユウカは、自分が頼りにされたと思い、少し強くなった気がした。 自分のことより人のことの方が一生懸命になってしまうユウカのオバサン気質を、女の子は見抜いていたのかもしれない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません