注意! アンバランスな見た目の女性はだまされやすい

「真剣に愛したいのに、うまく行かない」……。恋愛には、いくつもの罠が仕掛けられています。その秘密を、元ホストクラブのオーナーとして5000人以上の女性の悩みに答えてきた悲恋改善アドバイザーであり、「本当の彼氏のつくりかた」の著者、藤本シゲユキさんが解き明かします。 目の前の恋愛がホンモノなのか迷っている女性のみなさん必読の恋愛指南。 本当の彼氏のつくりかた、伝授します!

見た目がアンバランスと言われても、いまいちピンとこない女性もいらっしゃることでしょう。早速、例を出してお話しさせていただきます。

1・服が安っぽかったり手抜きなのに、カバンだけハイブランド

 「アンバランスな見た目」の意味を理解していただけたでしょうか。こういう意味です。

 こういったファッションの女性は、カバンさえ良い物を持てば、ほかを手抜きしても自分がそれ相当に見えると勘違いしています。要するに「楽をする」という思考が、「ゆるさ」につながってるんですよ。

 中にはジャージ姿やよれよれの格好で、ブランド物のカバンを持つ強者もいますが、ブランド物のカバンはそれ1つ持つだけで、ほかの部分が帳消しになる万能アイテムではありません。「ファッションはトータルコーディネート」です。

 ちなみに、このタイプの女性が持つカバンは高確率で汚い。

2・かわいいのに、ダサい

 ダサいというよりは、洗練されていないという言い方のほうが正しいかもしれません。田舎から出てきたばかりの女性に多いです。田舎で平和に暮らしてきたので、世間の怖さをまだ知りません。純粋で素直ないい子が多いので、男性人気も高い。

 しかし残念ながらこのタイプの女性は、遊び人の男性や性風俗産業のスカウトに狙われやすいんですよね。

 そして、人にだまされた経験がないから、危機管理能力がかなり低い。うまく口車に乗せられて、「気が付いたら風俗で働いていた」「気が付いたらAVに出ていた」なんてこともよくある話です。

 知り合って間もない人間が持ち掛けてくる「おいしい話」なんて必ず裏があるので、覚えておきましょう。

3・服装バッチリなのに、スッピン

 よく街中で見かけます。スッピンを隠すために大きめのサングラスをかけているのも、特徴の1つです。飲み屋や風俗店で働く女性たちが、出勤前にこういう格好で街を闊歩していることはありますが、そうじゃない女性はいったいどういうつもりなのでしょう。

 そしてずっとスッピンでいるわけではなく、喫茶店や電車の中で化粧を開始。「どうせ外でするなら家でやれ」といつも思ってしまいます。

 「だれに見られているかわからない」という緊張感のなさが、「ゆるさ」につながっていることを本人たちは気付いていません。ちなみに僕は、外で化粧をする女性で、きれいな人を一度も見たことがない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

真剣に愛したいあなたへ

本当の彼氏のつくりかた

藤本シゲユキ
廣済堂出版
2018-11-01

この連載について

初回を読む
本当の彼氏のつくりかた

藤本シゲユキ

「真剣に愛したいのに、どうしてもうまく行かない」……。 恋愛には、いくつもの罠が仕掛けられています。その秘密を、元ホストクラブのオーナーとして5000人以上もの女性の悩みに答えてきた悲恋改善アドバイザー、「本当の彼氏のつくりかた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hamshigesan cakesさんで7回目の連載がアップされました! アンバランスな見た目の女性はだまされやすいという内容です。悪習慣は積み重なったら、その悪習慣が派生した人格をしっかりと形成します。https://t.co/XnvDNaQLTw 4ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 "悪習慣は積み重なったら、その悪習慣が派生した人格をしっかりと形成します。" 4ヶ月前 replyretweetfavorite