第16回 商品を自社で売り込む必要はない — チャンネル戦略とWin-Winの実現 — (前編) 

『100円のコーラ』シリーズの完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』発売!!これを記念して、第1弾『100円のコーラを1000円で売る方法』を完全公開。

26

 商品企画会議室で、久美は駒沢商会コンサルティングサービス事業部の主席コンサルタント山倉隆ともう1時間以上話していた。
「この〈社長の会計〉には、山倉さんの業務知識とスキルが絶対必要なんです。山倉さんからウチのセールスの人たちにいろいろと教えていただけませんか?」
 山倉はちょっとうんざり、という感じで答えた。

「宮前さん、もう何度も説明しているじゃない。無理だって。二つ理由があるんだよ。一つ目は、オレの知識って一朝一夕じゃ身につかないってこと。だってオレは、会計を長年やってきたんだよ。ウチのセールスの連中が1カ月やそこら勉強しただけじゃ、オレみたいに海千山千の経営者とサシで話なんかできないよ。二つ目は、オレはコン
サルティングサービス事業部のコンサルタントとして〈社長の会計〉導入後の個別案件に入っていて、お客さんに提供しているオレのサービス売上で給料もらっているってこと。セールスの連中に教えても、オレが稼いでいるコンサルティングサービス事業部の売上って増えないんだよ。つまり、オレにはメリットがない」
「でも、この〈社長の会計〉って、山倉さんがいつも言っている『日本の会計を変革する』という夢を実現できるものなんです。ウチにしかできないんですよ。無理は重々承知です。一緒に日本の会計を変えていきましょうよ。お願いします!」
 久美は頭を下げた。山倉は困った顔をしている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
100円のコーラを1000円で売る方法

永井孝尚

6月8日に40万部突破のビジネスストーリー本『100円のコーラ』シリーズの完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』が刊行されます。 そこで第1弾『100円のコーラを1000円で売る方法』を完全公開。勝気な主人公・宮前久美と...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takahisanagai 「えっ、セールスが自分たちで売らない? そんなのあり得ない!」CAKES連載 5年弱前 replyretweetfavorite

tanayuki 「『競合するから協業はできない』と決めつけるのではなくて、『どうすれば協業できるか』を、頭を使って考えることが必要なんですよ」 5年弱前 replyretweetfavorite