#3 じわじわ広がるキャッシュレスの世界 「現金お断り」の店も登場

キャッシュレスの世界なんてまだまだ先のこと──。そう思っているとすれば誤りだ。あなたの身近に、さらには地方にもキャッシュレス化の波が押し寄せている。

 「CASHLESS(現金お断り)」──。店頭に堂々とこんな看板を掲げている飲食店がある。東京の日本橋馬喰町でロイヤルホールディングス(HD)が運営する「ギャザリング テーブル パントリー」だ。看板の通り、この店では現金は使えない。クレジットカードや電子マネー、QR/バーコードによる決済のみ受け付けている。

 2017年末、ロイヤルHDは実験店舗としてこの店をオープンした。当初は「現金が使えないなんてあり得ない」と客からクレームがついたこともあった。それでも同社がこの実験に踏み切った背景には、働き方改革の流れがある。「現金を取り扱うことは、店長にとっても従業員にとっても大きな負担になる。そこから解放し、サービス向上につながる接客や調理などの時間を増やしたかった」(野々村彰人・ロイヤルHD常務)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
乗り遅れるな! キャッシュレス

週刊ダイヤモンド

長らく「現金決済」が主役の座を占めてきた日本で、「キャッシュレス決済」がにわかに注目を浴びている。インバウンドの拡大、深刻な人手不足への対応など、さまざまな要因がキャッシュレス化を後押ししているからだ。注目される理由はそれだけではない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません