ジャイアンが嫌い、ジャイアンのお母さんはもっと嫌い

今回は、以前Twitterで幡野広志さんに回答をもらった女性から再びの相談です。いじめに苦しむ娘のために仕事をやめ、少しだけ光が見えてきたお母さん。それでもいまだ無くならないいじめに、どう対処すればいいのでしょうか。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

以前、幡野さんに回答をいただいた者です。

イジメを苦に死にたかった娘が、私が仕事を辞めて、側にいるようになってから、
死を意識する事を言わなくなりました。行きたくなかった学校へ、別室指導ですが行くようになりました。
その節は、回答して下さり、ありがとうございます。学校での問題はまだまだ山積みですが、
人間らしくあの子が生きて行ける様に道筋のヒントを与えながら、今後も頑張ります。
ただ…学校のイジメ問題は以前のままです。親の役目として、それを改善するにはどうしたら良いと思いますか?
先生方に加害者の子を指導してもらう様に訴えても、面倒なのか、話を切り替えられてしまいます。
被害側に我慢して耐えろと言う事何でしょうかね?

まだ答えてない相談も1000件ほどたまっていますが、一年間で1000件ほどの悩み相談に答えました。ヒマな病人が好き勝手に答えているだけですが、お礼や後日談を伝えるためにメッセージをくださったり、写真展会場などに遠くからきてくださる方もいます。

悩み相談がすこしでも人のためになっているのなら、閻魔大王がすこしだけ罪を情状酌量してくれるのではないかと、ひそかに期待しています、アーメン。

初対面の方からいきなり「幡野さんに悩み相談を答えてもらったんです」といわれると、好き勝手に言ったことの復讐に来たのかと身構えてしまい、ポッチャリしたお腹の筋肉に力がはいります。

こんかいの相談者さんは、以前、ツイッターで相談してくださった方です。相談内容もぼんやりとですが覚えています。過去ツイートを確認しようとスクロールしましたが、wi-fiが弱くてすぐにあきらめました。

たしかお母さんは正社員で勤務されていて、順調にキャリアアップ。中学生の娘さんが死ぬことを考えるほどイジメに悩み、お母さんに相談。お母さんは娘さんのために仕事を辞めるかどうか悩んでいらっしゃって、ぼくに相談してきました。

質問はぼんやりと覚えていますが、ぼくがなんて答えたかまったく覚えていません、すみません。「仕事を辞めるべき、イジメをお母さんにうちあけたということは、お母さんのことを信頼している証拠です」。たぶんこのような答えをしたのだとおもいます。他の人からおなじ相談をされても、きっとおなじように答えるからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

幡野広志さんの最新刊です。

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yukakawabe いじめがそもそも何かわかれば、解決方法も広がるかもとこれを読んで思った。止まないいじめ、考えてみよう。 https://t.co/9A0iYWtDqX 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kozuchi1126 今回も鋭いですね… 「親から守ってもらえなかった一部の人たちが、すこしでも自分とおなじ境遇の子を増やそうと、お母さんの足を引っ張ります。」 4ヶ月前 replyretweetfavorite

boybeermbitious この視点はなかった・・・ https://t.co/w9Q909Ayvw https://t.co/FJd0fvyHnM 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kyonji2525 「背中を押す人がすくない社会なのだと感じています。親子や自分と距離の近い関係性の人がちゃんと背中を押してあげていれば、ぼくみたいな死にかけにわざわざ人生相談する必要がないわけです」⇒ 4ヶ月前 replyretweetfavorite