資格がなくてもあなたは十分稼げます

お金を増やすためには、お金の使い方を知ることです。
以下で、該当する項目があれば、お金の使い方を間違っています。
 □家は会社の駅の沿線で選ぶ
 □車や家を買うなら新車・新築
 □スーパーでは現金で支払う
 □節約をしている
効率的なお金の使い方こそが、お金を増やす法則なのです!
書籍『使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり―』より、今すぐ誰でもできる、効率的なお金の増やし方をご紹介。毎週火・金に配信。

Rule
資格取得より、現実の仕事でチャレンジする方が
スキルアップの近道である


 私がソニーから証券会社のアナリストに転身したときも、アナリストから起業したときも、他人からよく聞かれたことは、資格の有無です。

 でも、何かにチャレンジするときに、必ずしも資格は必要ないのです。

 そもそも、好きなことを仕事にしたいのであれば、資格の勉強をする前に、好きなことを仕事としていきなり始めてみるなり、転職活動を行ってみるなりした方が近道です。

 もし、うまくいかないときにその理由が「資格を持っていない」ということであれば、そこで初めて資格取得のための勉強をスタートすればよいのです。

 医者や弁護士など、資格がないと仕事ができない職業でなければ、必ずしも資格を取ることからスタートする必要はありません。

何かにチャレンジしようと思ったときに、「まず資格を取ってから」と考えるのはやめましょう

 そうすれば、もっとさまざまなことにチャレンジできるはずです。

 例えば、私の以前の職業である株式アナリストは、会計知識や業界知識は必要ですが、特に資格は必須ではありません。

 あえて言えば、CFA(Chartered Financial Analyst)という資格があり、その資格を持っているアナリストは知識があると認められていますので、実際に投資家と話すときなどに箔(はく)がつくことはあると思います。

 しかし、その資格をアナリストになる前に取得した人は私の周辺ではいませんし、アナリストとして働きながら数年かけて取得するのが一般的です。

 私がアナリストとして証券会社の採用に臨んだとき、アナリストとしてのある程度の知識はありましたが、経験はなく、いかんせん私の知識量をアピールしたところで、すでにアナリストをしている人たちに敵(かな)うはずもありませんでした。

 そこで私は、精神力の強さと体力を前面に押し出して面接に臨み、採用を勝ち取ることができました。

 このように、資格なしでも、応募したら雇ってくれる会社があるかもしれません。

 特に20代や30代前半での若い世代のキャリアチェンジであるならば、なおさら雇われやすいです。

仕事の応募で、失うものは何もありません
 恐れる必要はないのです。

 もちろん、私の採用ストーリーには裏話があります。
 1社だけを受けてすんなり合格したわけではなく、それこそ受けられる会社はすべて受け、ことごとく落とされた経緯があります。

 けれど、あのとき「まずは、資格ありき」で考えていたら、3年ほど資格取得のために時間が取られ、今の私のキャリアはなかったことでしょう。

 資格だけでなく、習い事やセミナー参加などの自己投資も注意が必要です。

 意欲は大事ですが、「自分資産」アップに本当につながっているのか、今一度考えてみてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり―

垣屋美智子

お金を増やすためには、お金の使い方を知ることです。 以下で、該当する項目があれば、お金の使い方を間違っています。  □家は会社の駅の沿線で選ぶ  □車や家を買うなら新車・新築  □スーパーでは現金で支払う ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード