自分のキャリアを振り返る職務経歴書を書いてみよう

お金を増やすためには、お金の使い方を知ることです。
以下で、該当する項目があれば、お金の使い方を間違っています。
 □家は会社の駅の沿線で選ぶ
 □車や家を買うなら新車・新築
 □スーパーでは現金で支払う
 □節約をしている
効率的なお金の使い方こそが、お金を増やす法則なのです!
書籍『使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり―』より、今すぐ誰でもできる、効率的なお金の増やし方をご紹介。毎週火・金に配信。

Rule
常に仕事を客観視して、
どう活かせるかを考える


 社外で活用できるキャリアかどうかを、どうやって判断するのかが分からないという人もいるかと思います。

 そんな人にぜひ書いてもらいたいのが職務経歴書です。

 日本では、就職活動や転職活動をするとき、履歴書を書くと思いますが、海外では職務経歴書といって、これまで自分が培ってきた仕事や勉強の具体的な内容や、どんなスキルを持っているのかを自由フォーマットで書くのが一般的です。

 最近では、日本でも履歴書のほかに職務経歴書を添えて求人先に提出することが増えてきました。

 履歴書と違ってここに書く内容は、どこの学校を卒業したとか、どこの会社で働いていたかということよりも、何を学んできたのか、何をしてきたのか、何ができるのかということを重要視します。

 初めて書く人は、「1枚にぎっしりなんて、とても無理」と思うかもしれません。

 けれども、海外では職務経験のほぼない新卒採用の応募でも、こうした内容を書いていきます。

 ですから、書けないと思うのは、自分のキャリアについて考え慣れていないだけなのです。

 私も職務経歴書は、余白がないほどに埋め尽くします。

 でも、それは私が特別にすごいキャリアを持っているからではなく、常に仕事を客観視して、どう活かせるかを考えているからです。

 例えば、下っ端であるがゆえに、課員全員のスケジュールを調整して、課のミーティングを設定していたときは、

■複数名のチームのタイムマネージメントを行った経験からチームの中での調整が巧み
 =チームワークでする仕事が得意
 =コミュニケーション能力に優れている


 という形で、自分を評価しました。

 ソニーに新卒で入社し、望んでいたわけではない秘書として配属された経験も、

■大企業で経営者の動きを間近で見た経験がある
 =経営者のクオリティーで業績が変わることを知っている
 =上場企業の数字に表れないソフトな部分を加味して評価できる

 というふうに、アナリストとして上場企業を調査するポジションになったときに、自分にしか持っていない経験としてアピールしました。

 また、スポーツを長年していることから、

■勝敗を分けるスポーツで勝つために日々トレーニングをしている
 =結果を出すために努力できる
 =困難を乗り越えるだけの精神力がある

 というように、プライベートにも触れて自分なりに評価をしたところ、経験のない仕事を任されたこともあります。

 このように、たとえトップセールスマンやスーパーエンジニアでなくとも、職務経歴書でアピールできるのです。

自分の経験に基づき、その経験からどのようなスキルが得られ、その経験がどのような自分をつくり上げたのかを、自分の言葉で伝えればよいので

  若干仰々しく聞こえるかもしれませんが、自分のことを知らない人に自分を知ってもらうとなると、控えめに書いては相手に伝わりません

 履歴書は単に学歴・職歴を書くだけですが、職務経歴書は自分でデザインして、事実であれば、どこにフォーカスを当ててもよいので、自分の考え・やる気をアピールできます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

リスクのある投資をせずに、今すぐ誰にでもできるお金の増やし方!

この連載について

初回を読む
使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり―

垣屋美智子

お金を増やすためには、お金の使い方を知ることです。 以下で、該当する項目があれば、お金の使い方を間違っています。  □家は会社の駅の沿線で選ぶ  □車や家を買うなら新車・新築  □スーパーでは現金で支払う ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード