持ち家なら長期目線で家具や内装を選べる

お金を増やすためには、お金の使い方を知ることです。
以下で、該当する項目があれば、お金の使い方を間違っています。
 □家は会社の駅の沿線で選ぶ
 □車や家を買うなら新車・新築
 □スーパーでは現金で支払う
 □節約をしている
効率的なお金の使い方こそが、お金を増やす法則なのです!
書籍『使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり―』より、今すぐ誰でもできる、効率的なお金の増やし方をご紹介。毎週火・金に配信。

Rule
よい家具を少しずつそろえ、資産形成しつつ、
自分好みの内装にするとよい


 ここまで、不動産を選ぶときは、立地や方角、需給など、客観的目線を大事にする必要があることを説明しました。

 「せっかく持ち家を持つのに、客観的目線ばかりで自分の好みを全然取り入れられないなんて、がっかり」という声も聞こえてきそうです。

 でも、安心してください。
 内装は、自分の好みを取り入れてください。

 そして、資産形成にもこだわるとしたら、オススメしたいのは、家具で自分の好みの家をデザインすることです。

 すでに説明しているように、床暖房やキッチン設備など建物の内装は、減価償却の観点から見て、経年劣化して価値が必ず落ちていくものです。

 家を建てる場合やリフォームをして住む場合には、自分の生活スタイルや好みを取り入れてよいと思いますが、建物の価値はいずれゼロになるのですから、コストをかけすぎて、結果的に無駄遣いにならないようにしてほしいのです。

 一方で、家具はそもそも長く使えるものですし、持ち家なら、めったに引っ越しすることもないでしょうから、少し予算オーバーしてもクオリティーの高いものを購入してよいと思います。

 こうすることで、資産としての家具を購入できるのですから、一石二鳥です。

 持ち家だからこそ、すぐに家を完成させる必要もなく、少しずつ、資産となる家具を増やしていけばよいと思います。

  私もダイニングテーブルやソファなど、生活する上でかなり必要度が高いものはこだわりを持ちつつ、スピーディーに購入してきましたが、それ以外の家具は、ゆっくり時間をかけて増やすようにしています。

 最近、ようやく鏡台を手に入れました。
 なかなかピンと来るものがなく、10年越しで見つけた、私にとって初めての自分専用ドレッサーです。
 このドレッサーの前で、夜に顔をお手入れするときは、至福の瞬間で、私の新たな夜の楽しみになっています。

 新しい楽しみを増やせるのも、家具を少しずつ増やしていくメリットだと思います。

 また、たまにやってみる気分転換として、カーテンの色を変えたり、家具の配置を変えたりするのもオススメです。

こだわりを積み重ねていくというスタイルができるのは、持ち家ならではの特権です

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

リスクのある投資をせずに、今すぐ誰にでもできるお金の増やし方!

この連載について

初回を読む
使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり―

垣屋美智子

お金を増やすためには、お金の使い方を知ることです。 以下で、該当する項目があれば、お金の使い方を間違っています。  □家は会社の駅の沿線で選ぶ  □車や家を買うなら新車・新築  □スーパーでは現金で支払う ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード