尋常じゃない「痛み」を描く韓国文学のいま

ふと、「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました!なんとなく、音楽だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事ってあるのに(映画も多いですが)、 文学って「今何が流行ってるのか」わかりづらいよな~~と思うので、 2週に1回くらいのペース(もう1回は古典の小説解説)でやってけたらと今のところ思ってます……どうですかね……。とりあえず雰囲気見つつ!

三宅香帆の文学レポートvol.1

 今、K-POPならぬK-文学が流行っている。
 という文言を聞いたこと、ありますか。ちなみにわたしはあります。巷ではどーやら「韓国文学」が流行っているらしい、と。
 たしかに韓国映画って欧米のものとはちがったおもしろさがあるし、K-POPも流行ってるし、やっぱり韓国の文化ってブームなのかな……と思いつつ、韓国文学を手に取ることが増えた。
たとえば『82年生まれのキム・ジヨン』チョ・ナムジュ著、斎藤真理子訳(筑摩書房)。カルチャーの流行に敏感な人なら、名前を聞いたことがあるかもしれない。韓国でベストセラー、最近日本でも翻訳されベストセラー。韓国に生まれたとある女性が、一生のなかでいくつジェンダーの不平等を感じるか—。
 この小説を読むのは、世界のしんどさを見つける作業のようで胸が痛かった。だけどこの小説に共感してすくわれる人が、韓国にも日本にもあまりにも多いことに、もっと胸が痛い。

 ほかにも、少し前だけど『カステラ』パク・ミンギュ著、斎藤真理子訳(クレイン)が第一回日本翻訳大賞を受賞したり、さらに『菜食主義者』ハン・ガン著、きむ ふな訳(cuon)がイギリスの文学賞であるブッカー国際賞を受賞したことも話題になった。今後も韓国文学の台頭はこれからも続いていくんだろう。
 ……ってお天気予報みたいなテンションで言っちゃうけど、でも本当にそう思う。だって韓国文学ってなんだか日本とも欧米とも違ったテンションの「圧」みたいなものが今ある。その勢いというか強さっつったら、すごいんやで。
 まじで韓国文学の時代、キてる。やばい。あなたも読むべき。

「えっ韓国文学そんなに流行るの? うーん読んだことねえな~~でもあんまり文庫本にもなってないし、ハードカバーいきなり買って失敗したらこえーな~~~」
 はい、そんな感想を漏らしたそこのあなた。
 まるで数か月前のわたし! ハードカバー高いよね! わかる。
 でもハードカバーも、映画一回分と考えれば別に高くないはずだ。そんなあなたに向けて、今日はおすすめ韓国文学をご紹介しますよ!
 それは『野蛮なアリスさん』ファン・ジョンウン著、斎藤真理子訳(河出書房新社)という本。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

野蛮なアリスさん

ファン・ジョンウン,斎藤真理子
河出書房新社
2018-03-23

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jmddtnujm 面白そうだ〜購読するか悩む https://t.co/1juxzBqJlV 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

TJ_paki 「韓国の文学がいま流行るのは、きっと「もっと社会の痛みのことを考えたい」という人々の無意識の欲望があるからなんじゃないか。」 9ヶ月前 replyretweetfavorite

monokirk 『野蛮なアリスさん』は、私もそのズキズキぶりにびっくりした。人は選ぶかもしれないけど、個人的にはおすすめ。 9ヶ月前 replyretweetfavorite