だから皆は『地獄の窯』と呼んでいる」若獅子の船 ー3

「俺はまだ終わっちゃいねえ!」 江戸時代初期、江戸の町に食糧危機が迫っていた。必要なのは物流革命の切り札「千石船」━━。 息子も居場所も仕事の誇りもすべてを失い、老いにどん底まで追い詰められた男が逆襲する! 『男たちの船出』は、イノベーションの生みだす様々なジレンマを、船大工たちの視点で描いた長編時代小説です。 (火・木 10時更新)

 佐渡の冬は弥八郎の想像をはるかに超えていた。雪は少ないものの、凄まじい寒風がうなり声を上げて吹きすさび、海は連日のように大荒れとなる。浜辺に近い宿根木の集落には、昼夜を問わず砂塵が舞い踊っていた。

 厚い雲間を通してまれに日も差すが、そんな日は珍しく、昼とも夜ともつかない日々が続く。そうした厳しい自然環境の下、佐渡の人々は身を寄せ合うようにして暮らしていた。

 冬の間、漁師たちは海に出ることができないので、秋までに作っておいた干物をかじり、浜に流れ着く海藻類を拾って食べていた。例年並みの収穫があれば、米や野菜も島民に行きわたるのだが、ここ数年、不作が続いたので、飢えに耐えて春が来るのを待つしかなくなっていた。

「こんなところで船が造れるのか」

 囲炉裏を囲んで座る大工の一人が、体をちぢこまらせるようにして呟く。

「こんな荒れた海に、船など出せるもんか」

「でも河村屋さんや清九郎さんは、冬の佐渡海峡をものともしない大船を造るつもりだろう」

「そうだ。真冬の佐渡海峡を渡れる船を造るとさ」

「沖のうねりは、でかくてすごい力を持っているはずだ。それに耐えられる船など造れるもんか」

 どうしても会話は否定的な方向に流れていく。

 そうした話に耳を傾けながら、口元まで出掛かった己の考えを抑えるのに、弥八郎は苦労していた。

 —今、話をしても、皆に軽くあしらわれるだけだ。

 己の考えをみだりに述べても、気難しい大工たちは容易に受け入れないだろう。

「そろそろ仕事に掛かろう」

 清九郎が煙管をくゆらせながら現れた。背後には孫四郎もいる。

「へい」と答えた大工たちが一斉に動き出す。

「今朝方、小木港に便船が入ったらしい。本州から皆に書簡が届いているかもしれない」

「この時化の中を渡ってきたんですかい」

 大工の一人が問う。

「そうだ。一冬に一度か二度だが、風波のかんげきを縫えば渡ってこられないこともない」

 —だが河村屋さんは、そんな間隙を縫わずに、いつでも佐渡海峡を渡ってこられる大船を造ろうとしているのだ。

 それがいかに困難かは、誰もが知っている。

「孫四郎と弥八郎は、便船が届けてきたものを取りに行ってくれ」

「へい」

 弥八郎の心に一瞬、「半人前扱いしやがって」という思いが浮かんだが、それを抑え付けて立ち上がった。

 二人は防寒用の赤合羽(とう合羽)を着て笠をかぶり、顔中に布をぐるぐると巻き付けると、寒風吹きすさぶ屋外に出た。

 風が鳴り、波が砕け、さらに家々の木張りの壁がきしみ音を発するので、会話もままならない。風垣の外に出ると、砂が舞い踊り、まともに目も開けていられない。

 宿根木の目前の浜は大浜と呼ばれ、その東端に台地がせり出し、そこには渡海弁天が祀られている。その台地の突端を過ぎると、厚浜と呼ばれる浜が続いている。

「今日は風が強いな」

 弥八郎の言葉に、「えっ」と孫四郎が問い返す。

「今日は風が強いな!」

 弥八郎は叫ぶようにして、もう一度言った。

「冬は、いつもこんなもんですよ」

 孫四郎が笑う。

 二人は、波の花が飛んでくる浜の道を風に抗いながら進み、ようやく小木港に着いた。

 あまりに風が強いためか、小木港でも外を歩いている人はほとんどいない。二人がといに行って荷物を受け取る手続きをしていると、新潟から便船に乗ってきた面々が、会所で酒盛りをしているのを見かけた。

「これじゃ、今年の冬は新潟に帰れねえな」

「しょうがねえさ。ここでゆっくりしていこう」

「そんなことになれば、お前のかかあが誰かの布団に引きずり込まれるぞ」

 船子たちがどっと沸く。

「でももう少しで、わしたちも『地獄の窯』に引きずり込まれるところだったな」

「あれは間違いなく『地獄の窯』だ。物見の助蔵がいち早く見つけたから避けられたものの、もっとでかい窯だったら、引きずり込まれてお陀仏だった。ああ、くわばらくわばら」

 一人がおどけたように身を震わせる。

 —「地獄の窯」だと。孫四郎が話していたやつだな。

 孫四郎の方を見たが、番役と話をしていて会話には気づいていないようだ。

「すみません」と弥八郎が声を掛ける。

「皆さんは、新潟から来た便船の船手衆で」

「ああ、そうだ。何か文句あるのか」

 難癖を付けられたと思ったのか、船頭らしい男が凄味のある声で答える。

「今、お話しになっていた『地獄の窯』とは何ですか」

「お前は、佐渡にいてそんなことも知らねえのか」

「へい。佐渡は新参なもんで」

「そうか。それなら仕方ねえ。教えてやろう」

 男は得意げに語り始めた。

「潮と潮が当たる場所を潮目という。それが小さな潮どうしなら海もさほど荒れず、逆に絶好の漁場となる。だが大きな潮どうしがぶつかり合うと、海中で潮が乱れ、その力は上方にも向かい、大きなうねりを作り出す。そこに引きずり込まれたら、どんな船でも転覆するか破船する」

「ここの海には、そんな恐ろしいもんがあるんですね」

「ああ、だから皆は『地獄の窯』と呼んでいる」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

男たちの船出

伊東潤
光文社
2018-10-17

コルク

この連載について

初回を読む
男たちの船出

伊東潤

「俺はまだ終わっちゃいねえ!」 江戸時代初期、江戸の町に食糧危機が迫っていた。必要なのは物流革命の切り札「船」 息子も居場所も仕事の誇りもすべてを失い、老いにどん底まで追い詰められた男が逆襲する! 『男たちの船出』は、イノベーシ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0mo_om0 日本海の冬が本っ当に寒そうで・・・。瀬戸内が恋しくなってくるんです。(私が) 12ヶ月前 replyretweetfavorite