育児は楽に、楽しく、安全に

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます!
書籍『小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいです。』より掲載。本日、最終回。
読んでくださった方々、ありがとうございます。

「手作り離乳食をあげることこそが愛情ある親の姿だ」
と思っている方もいらっしゃると思いますが、
私は手作りにかける時間を、もっと子どもと過ごすために使ったほうがよいと考えています。

子どもと向き合い、子どもの目を見て過ごしてほしいのです

はじめて寝がえりをうった。
はじめてお座りをした。
はじめて一人で立った。
はじめて歩き出した。

その大事な「はじめての瞬間」を子どもと一緒に喜びあいましょう。
今見られるそのかわいらしいしぐさや表情は、今だけなんです。

日に日に成長していく姿を見守ることは、ママとパパにとって大きな喜びです。
笑顔で見守ってくれるママやパパと過ごす時間は、子どもにとっても何より幸せな時間なのです。

ママもパパも、子どもとたくさんふれあってください。
そして、もっともっと、いっぱい抱きしめてあげてください。

私のモットーは、「子育ては楽に、楽しく、安全に」です。

日本中の子どもたちと、その子を囲む家族や人々が、
心にゆとりを持ちながら温かい気持ちで安全に子育てをしていけるようにと願っています。

だからといって、手作りの離乳食を完全否定しているわけではありません。

衛生面、栄養面、安全性に配慮はいりょした離乳食を手作りし、
ニコニコ笑顔で子ど もにあげられる人もたくさんいらっしゃるでしょう。

でも、それが「できて当たり前」というわけではないのですから、
できない自分を責めたりして、むりにがんばらなくてもよいのです。

市販の離乳食を使うのは「手抜き」ではありません。
「息抜きに使うもの」でもありません。
「罪悪感を持って使うもの」でもありません。

それは「衛生面、安全面、栄養面」に配慮し、
子どもとハッピーに過ごす時間を確保するために、あえてする選択なのです。

そういう前向きな意識のもと、どうどうと胸をはって市販の離乳食を与えましょう。

ただ、日本は世界の先駆さきがけであるはずなのに、
鉄や亜鉛あえん添加てんかした離乳食の バリエーションがまだまだ少ないのは、
やはり懸念けねん点です。

日本でも6カ月から鉄や亜鉛が摂取できる離乳食製品が
もっともっと増えるようにとせつに願い、今後に期待したいと思います。

最後になりましたが、本連載にご尽力いただいた時事通信出版局に、
この場をお借りして御礼申し上げます。

また、私の執筆に対して理解を示してくれた家族に心から感謝します。
両親や夫のサポートがなくては到底できませんでした。
愛する子どもたちもよくがんばってくれました。ありがとう!

そして、この本を読んでくださったみな様、本当にありがとうございます。

本連載が少しでもお役に立つなら幸いです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

小児科医のママが教える、ママも子どもも笑顔になれる育児革命本!

この連載について

初回を読む
離乳食は作らなくてもいいんです。

工藤紀子

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。 栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます! ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tatsunyan1230 素晴らしい連載でした。日本でも鉄や亜鉛が豊富に含まれた市販の離乳食が増えることを願います。 2ヶ月前 replyretweetfavorite