市販の離乳食を買うと、やはり高くつくのでは?

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます!
書籍『小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいです。』より掲載。毎週水・土に配信。

「買う離乳食」がよいのはわかったけれど、
実際に使うとなるとちょっとためらってしまう、という方もいるかもしれません。

そんなママたちの不安や疑問にお答えします。


Q

お金の面でちょっと心配です。買えばやはり、高くつくでしょう?


A

「自分で作れば安くてすむ」と思われがちですが、じつは意外とそうでも ないのです。

「すりばち」「裏ごし器」など、離乳食専用の調理器具を買いそろえ、
無農薬野菜や良質な肉・魚を何種類も用意するには、
お金だけでなく時間も手間 もかかります。

さらに泣き叫ぶ子どもを横目に、もしくは自分が寝る時間をけずって、
衛生面に気をつけながら作らなければなりません。

それに比べて、安心安全な食材を厳選し、
栄養バランスと衛生面を考慮して作られた離乳食が数百円で買え、
抱っこしたまま秒で離乳食を用意することができるのですから、
こちらのほうが断然安上がり
と考えることができると思います。

スーパーのセールやまとめ買いなどを利用すればさらにお得です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

小児科医のママが教える、ママも子どもも笑顔になれる育児革命本!

この連載について

初回を読む
離乳食は作らなくてもいいんです。

工藤紀子

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。 栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます! ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません