おまえは何者なのだ?

【第10回】1989年にタイムスリップしたトリコは、伝説のユニット「ドルフィン・ソング」の殺人事件を防ぐため、動き出した。島本田恋はなぜ三沢夢二に殺害されたのか? だがトリコは生活をするため、スーパーのレジ打ちをしつつ、見よう見まねで音楽の原稿を書くことに取り組むが……。

10 何者

 私はスーパーのレジ打ちに精を出しつつ、夜はおさがりのワープロを借り、見よう見まねで音楽の原稿を書くことに取り組んだ。

 三十路を目前にして「このままではいけない」と、文章講座のカルチャーセンターに通ったことがあった。しかしまったくのお金と時間の無駄で、途中で行くのをやめてしまった。何が嫌だったかって、受講生の顔ぶれほど私をどんよりとさせたものはない。

 専門学校は出たけど就職したくない、あるいはすぐに辞めてしまったような若い男ならまだ救いがある。問題は三十、四十を過ぎた輩だ。これまでどんな職業に就いてきたのか、というよりクビを言い渡されてきたのか、恐らくは身内の結婚式以外でスーツを着たことなどないだろうと容易に想像がつく面々。人生の一発逆転を狙っているのか、しかし一パーセントの可能性もないと即座に言い切れるほど知性を感じない顔面見本市。

 若い女の子がチヤホヤされる環境にもイラついた。バカ面下げた金髪野郎が、「オレ、○○さんと飲んだことがあるんだ」と、いかにもコネがあるような口振りで誘っている。他の男たちも指を銜えて見てはいない。我も我もと蜜に群がり、休み時間は可愛い娘を頂点にヒエラルキーができた。もちろん私はその輪の中に入れなかった。カラオケ行こうぜーの声を背中に教室を出ると、着たきりのセーター男が下卑た声をかけてくる。

「この後、時間ありますか」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林真理子さん、燃え殻さんも認めた著者の会心作、遂に文庫化!

この連載について

初回を読む
ドルフィン・ソングを救え!

樋口毅宏

林真理子さん、燃え殻さんも才能を認めた著者の会心作を限定公開!  2019年、45歳独身で人生に絶望したフリーターのトリコ。睡眠薬で自殺をはかって目覚めたのは、1989年の渋谷だった! トリコに幸せは訪れるのか?  「めちゃくち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません