週3回のお風呂をパスしたくなる理由

一昨年までの10年間、山小屋で働いていた小屋ガールの吉玉サキさん。今回は山小屋のお風呂事情について。吉玉さんのいた山小屋は、使える水が限られており、お風呂は週に2、3度。そして、標高の高いところにあるので、夏以外は気温も低く、あまりの過酷さに貴重なお風呂をパスするスタッフもいたそうで…。

寒さが堪えるこの時期、あったかいお風呂は至福だ。

とはいえ、東京で暮らしている今は、いちいちお風呂のありがたさを実感したりはしない。

山小屋時代はそうじゃなかった。水が貴重な山では毎日お風呂に入れるわけじゃない。お風呂は、贅沢でありがたくて、みんなからチヤホヤされる存在だった。

今回は、なかなかに過酷な山小屋のお風呂事情について。


お風呂の隠語、その由来は……?

以前も書いたけど、私がいた山小屋はお客様用のお風呂がない。圧倒的に水量が足りないからだ。

だけど、実はスタッフ用のお風呂ならある。最盛期は2ヶ月くらい下山しないこともあるし、衛生面からいってもお風呂に入らないわけにはいかない。水が貴重だから毎日入れるわけではないけど、週に2、3回は入っている。

そう言うと、下界の友達には「たったそれだけ!?」と驚かれる。そりゃそうだ。私も、山小屋で働く前だったら驚いただろう。

よく「ベタベタにならない?」と聞かれるけど、標高の高い山では気温も湿度も低いため、ベタベタにはならない(私が乾燥肌だからかも)。週2、3回の入浴と汗拭きシートで清潔感はそれなりに保てるのだ。
※調理の際は手袋にアルコール除菌もして、手ぬぐいで頭を覆うので、衛生面で問題が発生したことはない。

ところで、お風呂があることはお客様には秘密だ。

お客様用のお風呂がない以上、スタッフだけお風呂に入っているなんて忍びない。お風呂は営業時間中にひとりずつ順番に回すのだけど、間違ってもお客様の前で「お風呂お先でした」などと言ってはいけない。

そのため、お客様の前ではそれとわからないように隠語を使う。

よく、スーパーや飲食店などで「3番行ってきます」というとトイレの隠語……などという話を聞くけど、私のいた山小屋の場合、お風呂の隠語は「コースケ」だった。

「お先コースケいただきます~」「お次コースケどうぞ~」といった具合だ。

これは、昔お風呂を沸かす係だった人の名前がコースケさんで、その年のスタッフがふざけて隠語にしたらしい。それが定着し、コースケさんが山小屋を辞めたあとも使われ続けているそうだ。

当のコースケさんが山小屋に遊びに来たときは、「あれが本人……!」と、まるで歴史上の人物に会ったような気持ちになった。最近のスタッフは「コースケ」の由来を知らないので、もしかしたら「山小屋業界全体での隠語」と勘違いしている人もいるかもしれない。

ちなみに、「コースケ」は仮名。これを読んだ人がその山小屋に行くかもしれないので、変えておいた。けれど、上記のエピソードから隠語がバレる可能性は高くなってしまったので、山小屋のみんなには謝っておく。


山小屋のお風呂は過酷!?

山小屋のお風呂はなかなかに過酷だった。

何が過酷って、寒いのだ。

私がいた山小屋は、お風呂が外にあった。物置みたいなボロい建物で、隙間風が吹き込んでくる。脱衣場も洗い場もめちゃくちゃ寒い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小屋ガール通信

吉玉サキ

第2回cakesクリエイターコンテスト受賞作! 新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてニート状態になり、自分のことを「社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった新天地は山小屋のアルバイト。それまで一度も本格的な登山をしたことのなかった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

saki_yoshidama 今気づいたけど、このタイトル、最後まで読まないと「私が週3回のお風呂をパスしてる」と思われそうだなぁ笑 6ヶ月前 replyretweetfavorite

gcyn 『ところで、お風呂があることはお客様には秘密だ』『そのため、お客様の前ではそれとわからないように隠語を使う』 へええ(笑)! / “24098” https://t.co/q9VVm9JWwC 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kenihare 山小屋のスタッフさんはお風呂はいらず、たまに下山した時に入ってるんだと思ってました。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

alchmistonpuku 気温3℃でシャワー無し。山小屋の過酷なお風呂事情|吉玉サキ @saki_yoshidama | お湯が潤沢に使えるって結構な贅沢ですよねほんと 6ヶ月前 replyretweetfavorite