天才とは

【第6回】2019年、人生に絶望し、睡眠薬で自殺を図ったトリコはバブル真っ盛りの1989年の渋谷で意識を取り戻した。トリコの青春のすべてともいっていい伝説のユニット「ドルフィン・ソング」を救うため、二人が訪れそうな街を歩き始めた……。彼らの音楽は、数々先人の影響を受けながら、センスの良さが際だっていたのだ。

6 天才とは

 休日は、島本田恋と三沢夢二が姿を現しそうな場所を訪れることにした。ふたりは日頃からよくつるんでいた。そこでばったり会えないかと考えたのだ。

 六本木WAVE、青山のパイド・パイパー・ハウス、渋谷はハンター。ふたりが行きつけのレコ屋に私も当時足繁く通い、レコードが入った段ボール、通称〝エサ箱〟を漁ったものだ。忘れられないのは渋谷のハンター店内に自販機があって、なぜ狭い店のど真ん中に置いてあるのか、客はおろか店員もわからないのだが、とにかくそこにあった。

 ドルフィン・ソングのふたりはそれをネタにしたことがあった。たしか、『Olive』だったと思うが、夢二が、「いま、渋谷ハンターの自販機でジュースを買って飲むのがラブリー!」とか言い出したのだ。笑った。そんなこと誰もやるわけない。なんて根性が悪いのだろうと。そうしたら後日、ハンターに行ったとき、知らない女の子たちが本当に店でジュースを飲んでいたのを目撃した。

 ドルフィン・ソングはファッション・リーダーだった。アルバムごとに音楽性がガラッと変わるのと同時に、服装もベレー帽とボーダーのシャツから、ゴルフ帽とペインターパンツに切り替わった。九〇年代のイギリスの音楽ムーブメント、マンチェスターこと「おマンチェ」の影響だった。私たちもすぐに彼らのあとを追いかけた。

 CASIO SA 1も流行った。八○年代後半にカシオが作った、ハンディサイズのシンセサイザーだ。チープだが肌触りのある電子音で、当時からすでにレアだった。ふたりがSA 1を手にポーズを取るアー写に憧れ、弾けもしないのに私たちは猿のように争って買い求め、ふたりを真似したスナップを撮るなど、ちょっとした「フィンドル」ごっこを楽しんだ。

 もちろん表面だけではない。ドルフィン・ソングがいなかったら、私はあんなに音楽に詳しくなることはなかっただろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林真理子さん、燃え殻さんも認めた著者の会心作、遂に文庫化!

この連載について

初回を読む
ドルフィン・ソングを救え!

樋口毅宏

林真理子さん、燃え殻さんも才能を認めた著者の会心作を限定公開!  2019年、45歳独身で人生に絶望したフリーターのトリコ。睡眠薬で自殺をはかって目覚めたのは、1989年の渋谷だった! トリコに幸せは訪れるのか?  「めちゃくち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません