#13 日本人が知らない中国と韓国の本質 儒教文化のコアを知る

日本、中国、韓国の関係はぎくしゃくしている。それは日本人が中韓の文化のコアを知らないからだ。リベラルアーツ研究家の麻生川静男氏に、中韓の文化の本質を聞いた。

 握手しているのに表情は仏頂面──。2014年11月に中国・北京で開催されたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の際に行われた日中首脳会談の一コマだ。安倍晋三首相と中国の習近平国家主席の“異様な”握手の場面を覚えている人も多いだろう。

2014年11月に行われた日中首脳会談で、仏頂面で握手する習近平国家主席(右)と安倍晋三首相

 お隣の韓国では、大統領だった朴槿恵(パク・クネ)氏が罷免・逮捕・起訴され、懲役24年の判決を言い渡された。ついこの間まで大統領として支持していた朴氏に対する国民の「手のひら返し」には、少したじろいでしまう。

 われわれ日本人は、地理的に近く、同じ漢字を理解し、肌の色も見掛けも似ている中国や韓国の人々を、似たような価値観を持つ国民だと思い込んでいる。

 リベラルアーツ研究家で、中国や韓国の歴史・文化に詳しい麻生川静男氏は、「日本人は、中国や韓国の歴史や文化のコアを知らな過ぎる」と警告する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
AI時代を生き抜く プログラミング&リベラルアーツ

週刊ダイヤモンド

「AI(人工知能)に仕事を奪われるのではないか」──。企業がAIを導入して業務の効率化を進める中で、漠然とした不安を感じている人は多い。そんな時代を生き抜くために必要なのが、AIを味方にする教養=プログラミングと、AIで代替できない教...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません