#12 リベラルアーツで読み解く時事問題 宗教から見たトランプ現象の正体

繰り返される過激な政策や言動──。トランプ米大統領の暴走が止まらない。なぜ米国民は、トランプのような人物を支持するのだろうか。背景には、米国の歴史的成り立ちと、特有の宗教観がある。
●森本あんり(国際基督教大学学務副学長)

 米大統領選でトランプが勝ったのは「オバマ疲れ」によるところが大きい。

 “Yes,we can!”

 2008年、オバマはこの言葉で人々の心を捉え、大統領選で勝利を収めた。期待が大きかっただけに、その後の8年間の失望も大きかった。それで次は共和党のトランプに期待をかけているわけだが、それが失望に変われば、また振り子が逆に振れるだろう。この振れ幅の大きさが米国の活力の源である。

 実は、オバマとトランプには共通点がある。意志の力で物事を変えることができると考えている点だ。それは、米国の成り立ちと関係がある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
AI時代を生き抜く プログラミング&リベラルアーツ

週刊ダイヤモンド

「AI(人工知能)に仕事を奪われるのではないか」──。企業がAIを導入して業務の効率化を進める中で、漠然とした不安を感じている人は多い。そんな時代を生き抜くために必要なのが、AIを味方にする教養=プログラミングと、AIで代替できない教...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません