おなかにやさしい、山芋と味噌だけの簡単とろろ汁

材料はたったの二つ。ヘルシーで胃腸にもやさしいとろろ汁が驚くほど簡単に作れます。スープ作家の有賀薫さんによる、旬の野菜をたっぷり食べるベーシック・スープのレッスン。この連載を元にした書籍『スープ・レッスン』も好評発売中です。

これだけで一食になる、冬のスタミナ食

芋類の中で唯一、生食できるのが山芋です。中でも山芋をすりおろして作るとろろ汁が有名ですよね。
一見ごちそう感があって、ちょっと作るのはめんどうかな…と思うとろろ汁。基本はものすごく簡単で、山芋と味噌だけできるんです。無駄な材料を何一つ入れない、ストレートなレシピをお届けします。

山芋は秋から春にかけてが旬、1月になると水分が抜け風味も増します。シンプルにお芋を味わうとろろ汁には今がちょうど向いています。今回は最も手に入れやすい「長芋」を使いましょう。

麦ごはんにかけて食べるのがスタンダードですが、もちろん白ごはんでも。麺類にかけるのも魅力的です。気楽なのに栄養満点な和のスタミナ・ポタージュを、毎日の食事に取り入れてみませんか?


ミニマルとろろ汁

材料(2人分) 所要時間約15分

長芋 250g
味噌 大さじ2(36g)
湯 180mL
ごはん 2膳分 ※できれば麦ごはん

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

野菜、お好きですか? おいしい旬の野菜を手に入れたら、ぜひシンプルなスープで味わってみてください。旬の野菜をたっぷり食べる、究極のベーシック・スープをスープ作家の有賀薫さんが教えててくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mitsuparabbit こちらに先だっての「うまいもの博」で買った「長崎角煮まぶし」を添えていただくました ある意味贅沢か〜 → 3ヶ月前 replyretweetfavorite

nukusuke かなり色が濃くなってしまったけど、簡単で美味しかった♪ お供はミニ胡麻豆腐と白菜漬。… https://t.co/lwdO0WszHB 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kiwa_88gohan トロロ参照レシピ。すり鉢があったのでごりごりしたけどこんなに簡単でいいのかと…当然ながら味噌味なのでやっぱりマグロより牛肉の方が美味しそうだ。リベンジしよ。 https://t.co/eSIxwPKyBJ 4ヶ月前 replyretweetfavorite

takahiro_s 優しくも十分な味わいでとても美味しかった。かぶの茎と雑穀米を炊き込んだご飯で頂きました 4ヶ月前 replyretweetfavorite