急に外国に行く展開の方が、かめはめ波より嘘くさい理由

誰でも使えるアドリブトーク術として科学的に研究された会話メソッド、「インプロ(即興力)」。このインプロをマスターし、プロ芸人の指導も行う放送作家が、「センス不要の鉄板トーク術」をこっそり教えます!これを読めば、あなたのトークにも笑いの神が降りてくる?!本連載は1月24日発売の「ウケる人、スベる人の話し方」より本文を抜粋して、お送りします。

ウケる人、スベる人の話し方ーウケる人は3回目で勝負する?!ー


ウケる人は3回目で勝負する

スベる人は最初から勝負する


今も昔も、小学校には、突然、脈絡もなく「ウンコ!」などと口走り、大爆笑している少年が必ず1人はいるはずです。しかし、そういう笑いは、子どもから大人へと成長する中で、不思議と笑えなくなってしまうものです。

それにもかかわらず、大人のスベる人の中には、「ウンコ!」と叫ぶレベルからは卒業しているものの、いきなり突飛なことを言って笑いを取ろうとして失敗する人がいます。恥ずかしながら、かくいう私もウンコ少年だった過去を背負って生きているので、時々、このパターンの失敗をしがちです。

例えば、先日、最近ハマっているお酒について、仕事仲間と話していました。その時に、私は「この前、焼肉屋でマッコリを初めて飲んだんですよ! あれ、美味しいですね! 傷んだジョアみたいな味で」と言ったんです。

そうすると、笑ってくれた人も何人かいましたが、その場にいた女性の1人から「え、気持ち悪い……」と、露骨に嫌な顔をされてしまいました。やはり、突飛な表現を、唐突に出してしまったために、冗談だと受け取れない人がいたのです。

実は、こういう突飛な表現をどうしても言いたい場合は、3回目で勝負すればいいという法則があります。例えば、私は先のエピソードの際に反省して、その後、別のグループの人たちに同じ会話を振り、こんな感じで語ってみました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

即興力講師が教える、ウケるための「センス不要の鉄板トーク術」とは?!

この連載について

初回を読む
ウケる人、スベる人の話し方

渡辺龍太

誰でも使えるアドリブトーク術として科学的に研究された会話メソッド、「インプロ(即興力)」。 このインプロをマスターし、プロ芸人の指導も行う放送作家 渡辺龍太 が、「センス不要の鉄板トーク術」をこっそり教えます!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

xS1BaVgAVMhSI2P 渡辺龍太氏「ウケる人、スベる人の話し方」本文公開続いてます~。今回は狩野英孝も実践するお笑いの三段落ちを解説。ウケる人は一回の挑戦だけではなく、細かいチャレンジを繰り返しているんですねー。 https://t.co/ZffAYth1u2 6ヶ月前 replyretweetfavorite