言葉の世界を身体で検索するために【後編】

離婚裁判、歴史認識問題など、真実は一つのはずなのに、立場によって意見がまっぷたつに分かれてしまう。ネットをさまよっても、検索ワード一つでまったく違う説にたどり着いてしまう。「統計」よりも、「未来の自分」よりも、最も信頼できるものは「モノ」でした。
広大なネット空間から無限の情報を引き出せる時代、私たちはどのように「うまく生きていく=検索をかける」べきなのか。縦横無尽に活躍を続ける評論家・東浩紀さんによる連載放談です。

統計は解釈にすぎない

 新しい論点を加えましょう。さきほど福島第一原発観光地化計画の話をしました。福島はこれから長い間、低線量放射線の健康被害に関する議論に直面することになるはずです。そしてみなさん、そういった健康被害の実態は未来になれば確定すると考えている。けれども、ぼくはそう思いません。なぜならば、それはじつは科学というより文学の話だからです。

 どういうことでしょうか。たとえばチェルノブイリでは、事故直後に事故処理作業員(リクビダートル)が三三人死んだことが判明しています。これは疑いようのない事実です。政治的判断も入り込みようがありません。
 では被害者が三三人だけかといえば、むろんそうではないですね。後遺症で病気になったり死んだひとも多いと言われています。しかし、では結局のところ健康被害を受けたひとは何人なのでしょうか。そうなってくると、突然いろいろな説が出てきてよくわからなくなります。
 数千人というひともいれば、数十万人だというひともいる。事故から二七年を経て、データはきちんとある。にもかかわらず、なぜそんな振れ幅が現れるのかと言えば、放射線の被害というのは実は、原爆で命が失われるのとは異なり、長い時間の中での統計上の変化としてしか観測できないからなんですね。そしてそのかぎりにおいてさまざまな解釈がありうる。

 たとえば、事故後に小児の甲状腺がん発症率が何%上がった、という統計が出てきたとする(実際にそうです)。それは科学的なデータです。けれども解釈はいろいろありうる。
 たとえば、それは実際には患者が増えたのではなく、事故をきっかけにそれまでとは異なる精緻な調査が行われるようになったので、いままで拾い上げられていなかった事例がカウントされるようになったということなのだ、という主張がありうる。これはこれで整合性がある。少なくとも、素人がちょっとネットで調べてみましたという感じで反論できるものではない。
 科学的なデータが出揃っても、それだけでは被害者数は確定しないのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
検索ワードをさがす旅【第2期】

東浩紀

検索すればあらゆることがわかる時代。日々たくさんの情報に埋もれているけれど、果たして本当に欲しい情報はなんなのか。その検索ワードはどこから思いついたのか。テーマはズバリ、「若者よ、スマホを持って旅へ出よ」。ただし、自分や目的を探すので...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hish_1ne 読めてよかった。: 5年弱前 replyretweetfavorite

umtic "未来のぼくは、いまのぼくよりも正しく、そしていまのぼくをきちんと代弁できるという保証はない。記録を残す、というのは、そのような「後世における記憶の書き換え」をつねに意識して行わなければならないと思います" https://t.co/gHY7x9iqwo 5年以上前 replyretweetfavorite

t_take_uchi 全くそのとおり。震災遺構とも重なる。第7回 5年以上前 replyretweetfavorite