言葉の世界を身体で検索するために【前編】

離婚裁判、歴史認識問題など、真実は一つのはずなのに、立場によって意見がまっぷたつに分かれることってありますよね。ネットをさまよっても、検索ワード一つでまったく違う説にたどり着いてしまう。そんな無限の物語が乱立する中で、現実を見失わないための大事な手がかりについて。
広大なネット空間から無限の情報を引き出せる時代、私たちはどのように「うまく生きていく=検索をかける」べきなのか。縦横無尽に活躍を続ける評論家・東浩紀さんによる連載放談です。

身体を使って検索する

 連載も第七回を迎えました。今回はぐっと方向性を変えて、これまでの話をまとめつつ、僕が最近体感している、「モノ」の大切さについて考えてみます。

 情報技術革命によって、僕たちは世界中どこにいても、検索エンジンにキーワードを打ち込むことができるようになり、言語情報へのアクセシビリティは格段に上昇しました。しかし、検索エンジンにどういう言葉を打ち込めばいいのか、それを思いつくためには部屋の中に閉じこもってネットばかり見ているのではなく、身体を大胆に移動させて、日常と異なる場所に行ってみないといけない。この連載の基本的な着想は、検索にまつわるこのパラドックスにあります。

 フーコーの有名な著作に「言葉と物」というのがありますが、人間の現実は要は言葉とモノからできている。そのとき、まずはモノの世界が大事だと考える人たちがいます。「やっぱり人間直接いろんなものを見て、面と向かって喋らないといけないよ」というような考え方ですね。それに対して、「いやいや、人間の現実はすべて言語で構成されていて、その外側なんて考える必要はない、すべてテキストで完結するはずだ」と考える人たちもいる。二〇世紀の現代思想はだいたいそういう考え方ですが、それは最近のネットユーザーの世界観にも近い。けれど僕は、モノが大切だという素朴な考え方、言葉が大切だという現代的な考え方を踏まえたうえで、さらにもう一周ぐるっと回って、言葉の世界をうまく回すためにはモノが大切だ、と考えているんです。

 人間の現実は言葉でできている。けれど、その言葉の世界のなかでうまく生きていく=検索をかけるためにはモノが必要とされる。そういうふうに考えている。

真実を探さない

 僕はもともとジャック・デリダという、二〇世紀フランスの哲学者を専門的に研究していました。デリダの哲学のキーワードは「脱構築」です。脱構築とはつまりは、あらゆるテキストはその解釈の仕方によって、そこからどんな意味でも引き出せるという考え方です。つまりデリダによれば、言葉というのはすごく頼りにならないものなんですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
検索ワードをさがす旅【第2期】

東浩紀

検索すればあらゆることがわかる時代。日々たくさんの情報に埋もれているけれど、果たして本当に欲しい情報はなんなのか。その検索ワードはどこから思いついたのか。テーマはズバリ、「若者よ、スマホを持って旅へ出よ」。ただし、自分や目的を探すので...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

umtic "けれども、僕たちの見たかぎりでは、作業員たちはべつにその高い放射線量のもとにずっといるわけではないし、そもそも彼らは鼻歌を歌ったりラジオをかけたりしていて、特別の緊張感や悲壮感はとくに感じられなかった" https://t.co/Oi5PCTpqch 5年以上前 replyretweetfavorite

umtic "だから僕は、日本と韓国は正しい歴史認識を共有すべきではなく、むしろ「歴史認識を共有できないという認識を共有」すべきだと思うんですよね" 第7回 5年以上前 replyretweetfavorite