桃鉄」で農業物件が売れない理由

とくに若い読者に愛読されている『高校チュータイ外交官のイチからわかる!国際情勢』から特別連載中の本記事は、「7-関税と農業のはなし~戦争を引き起こした関税~」の後編です。まず、みなさんの身近にある自動車とお米について解説します。

自動車は関税なしでもへっちゃら

 では、日本はどのようなものに関税をかけているのでしょう。

 日本は自動車などの製造業が強い国です。日本の車メーカーは世界に誇るブランドで、日本人も日本車を好んで乗ります。だから、外国産の車が入ってこようとも、日本国内の自動車産業に影響はない、と考えられています。そのため、日本に入ってくる自動車や自動車部品などには関税はかけられていません。

 このように自動車に関税をかけていない国は世界的に見てもけっこう珍しいのです。乗用車を例にとってみると、たとえば韓国は8%、アメリカは2・5%、中国は25%、インドにいたっては125%の関税をかけています。車は単価が高いので、たった数%の関税でも、販売価格に大きな影響が出てしまいます。300万円の車に5%の関税をかけただけで15万円値段が上がりますからね。こうしてみると、自動車の関税が0%というのは、日本は車に関しては非常に強気だということがわかります。

農業はディフェンス

 その一方で、日本が高い関税をかけているのが農産品です。日本は農産品に高関税をかけて、国内の農業を守ろうとしています。

 日本の農業は高齢化が進み、規模が小さいことが多いのですが、その一方で、外国の農業は規模が大きく、広大な土地で機械を使い、大量生産をしています。

 一般的にいって、大量生産をすると、販売価格が安くなります。何でもそうですよね。服でもお菓子でも、「一点もの」とか「手作り」よりも、工場で生産しているもののほうが安いです。「一点もの」とか「手作り」とかのほうが、高級感があっていいかもしれませんが、価格の面では、大量生産のほうが安くなる傾向にあります。

 となると、細々と作物を作っている農家よりも、トラクターなどの機械を駆使しながら大量生産している農家の作物は安くなります。つまり、日本の農産品は価格面で負けてしまいます。だから、日本に輸入される農産品には関税をかけて、外国から安い農産品が大量に入ってくるのを事前に食い止めることで、国内の農家を守っているのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
高校チュータイ外交官のイチからわかる!国際情勢

島根玲子

貧困、移民、難民、食料、エネルギー、関税、自由貿易、核兵器……etc.やりすごしている重大問題丸わかり! 元コギャル外交官が明快解説する『高校チュータイ外交官のイチからわかる!国際情勢』から特別連載!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

murakumo000 農家を守るって言うけど全然守られてないじゃん 10ヶ月前 replyretweetfavorite

feilong “23999” https://t.co/jSNTCxCvq4 10ヶ月前 replyretweetfavorite

seppukuouji #スマートニュース キングボンビーの物件全捨てにはなす術も無く捨てられるけどね… 10ヶ月前 replyretweetfavorite