九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【パッションフルーツ】

何かに導かれるようにして、わたしは真夜中の植物園にたどり着く。
わたしから、時間が漏れた。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!



 受難果実そう名付けられし実を割ると磔刑の彼の血の香りする



もう三日、眠れない。

掛かりつけの医院に紹介状を書いてもらい、大学病院に行くことになった。

「なにか見えませんか?」

医師の問いに、

「時計草のことですか?」

聞き返す。

「あなたがたは、この世の全ての過眠症の人たちの代わりに寝ていません。選ばれてしまったので、もう一生眠れないはずです。選ばれた方々は一様に、時計草を見ています」


 狂いそうだった。時計草の花は、狂ってると思う。一瞬も眠らずはしゃぎつづける躁病みたいに咲いている。


 完全不眠が半年になった。時計草に脳を占拠された。鼻から、時計草の花粉が出てきてくしゃみが止まらない。全く眠れず、全身でくしゃみしつづける。苦しくて辛くて、どうしようもない。


 時計草が回り出す。脳にキンキン響くオルゴールが鳴り始める。これ以上の高さは人類には聞こえないという高音で鳴る。

 頭痛が酷い。

 何かに導かれるようにして、わたしは真夜中の植物園にたどり着く。ふらふらと倒れ込んだところが時計草だった。他にも倒れ込んでいる人が何人かいる。

 目、鼻、耳、……体のあらゆる穴から時計草の花粉が出て、わたしから、時間が漏れた。


 時間が漏れ出すと、存在は空間も失うことになるのだ。倒れ込んだ人々は、徐々に見えなくなっていく。

 わたしは、見ることも見られることも不可能になり、気づくと真空にいた。

 完全な孤独なのに、その恐怖を叫ぶこともできない。



 4時40分0秒を指す時計草宇宙が終わる瞬間の時刻


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」第2回15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.53(2018年12月号)[雑誌]

朱野帰子,寺地はるな,結城充考,荻上チキ,平原卓,渋谷直角,柳瀬博一,さやわか,越谷オサム,伊藤朱里,十市社,赤楚衛二,中山七里,宮木あや子,九螺ささら,吉野万理子,青柳碧人,東川篤哉,最果タヒ,乾緑郎,門井慶喜,ふみふみこ,千葉雅也,砂田麻美,カレー沢薫,本坊元児,恒川光太郎,新納翔,新井久幸,あいみょん
新潮社
2018-11-16

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません