育児の「答え」はいつでるの? 不器用すぎた義父の愛

私たちは日々の育児の中で「いい親」になろうと頑張るけれど、育児の答えはすぐに出ないもの。瀧波さんのご主人は父親のことを「家庭をまったく顧みず、子どもを愛してくれない父親だった」と話していました。そんなある日、義父と娘と3人で商店街を歩いていたとき、思いがけず義父の我が子への思いを知ることになったのです。


イラスト:タキノユキ

赤ん坊が生まれた瞬間から、私たちは「親」になり、育児は絶え間なく、毎日毎日続いていく。
我が子のために、誰もが「いい親」でありたくて「いい育児」がしたい。
だけど育児を何日繰り返しても、これが本当に正しいのか、子どものためになっているのか、いつまでたっても「答え」が出ない。

幼稚園、小学校、受験に就職。いつになったら、私たちの育児にある種の「答え」はでるのだろうか?


「親の育児」を振り返る瞬間

結婚式の夜、夫は言った。

「親父はむかしながらの亭主関白で、共働きなのに家事育児はおかんに丸投げで感謝もしない。
米を炊くどころか茶碗のしまってある場所も知らないくせに、威張りちらして、いつも自分の都合が最優先。
気に入らないと、怒鳴って殴って、それを教育だと思っている大バカ者。
俺はあんな父親には、絶対ならない。」

そう語る夫の横顔に、深い恨みは読み取れない。
淡々と、どこか寂し気に、感情のうすいサラリとした声で話す。

夫と義父の関係は、決して悪くない。

離れて暮らしているので、定期的な交流こそないが、会えば談笑してお酒を飲むし、私がお誕生日に帽子をプレゼントしよう、と言うと「いいよいいよいらないよ」と言いつつも、お店まで一緒にでかけて、「親父は茶色じゃないほうがいいな、コレなんてどう」と並んで商品を選んだ。
大げさなプレゼント包装を前に恥ずかしがる義父に、「ほらほら、カッコいいじゃんか、東京のオシャレな店で買ったんだぞ」と微笑ましいやりとりだってしていた。

私からみた夫の実家は、サザエさん一家のような、にぎやかで明るくて円満なおうちに感じる。

一方で、一緒に遊んだ記憶などないと言う夫は、「親父はまったく家庭を顧みず、俺はちっとも愛されていなかった。写真だって、俺が写ってるのは全然ない」と不満を口にする。

そんな幼少期の「満ちない想い」が、大人になった夫を育児に駆り立てているのかもしれない。
夫にとって、義父の育児は「正解」ではなかったのだろう。

娘に丁寧に接し、明るい態度をとり続け、笑い合うことで、寂しさを訴えることができなかった少年を、夫は過去に、迎えに行っている気がする。

私もまた、「寂しい子ども」だった。
両親は仕事で多忙で、ほとんど祖母と伯母に育ててもらった。
生活に不自由はなかったので、それこそが両親の働く努力によって守られているということなのだけど、幼い私が欲しかったのは、もっと直接的でわかりやすい「愛情」だった。

だから母となった今、「大好きよ~!」と娘を抱きしめるとき、幸福感と同時に「いい母親をしている」という満足感も強く感じる。
私もまた、手を後ろで組み、小石を蹴ってうつむく少女を、時間を越えて抱きしめにいっているのだろう。

育児はときに、子供時代の回収だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
育児はまぶしい、オモチャ箱

瀧波和賀

「現代の子育て」をとりまく、問題や課題、そして幸福に注目して、その構造や育児現場のリアルについて、コラムとエッセイを連載します。子供がいる毎日は、なんとにぎやかで、ごちゃごちゃで、カラフルなことでしょう。1つ1つが大切で、特別で、でも...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

byyriica 【読んだ】 2ヶ月前 replyretweetfavorite

byyriica 【スキ】 2ヶ月前 replyretweetfavorite

yukky_lovely 親よりも良い育児を、と無意識下で気負ってたなぁと気付いた。… https://t.co/Ucza113tW4 2ヶ月前 replyretweetfavorite

orangecolor1123 うるっときた https://t.co/WEK9urJfNb 2ヶ月前 replyretweetfavorite