山の事故で亡くなった方をどうか責めないでほしい

山岳遭難事故が起こると、憶測で「山を舐めていたんじゃないか」などと叩く人々がいます。たしかに無謀な登山者が事故に遭うケースもありますが、必ずしも「事故に遭う=山を舐めてる」とは言えないと、10年間、山小屋で働いていた吉玉サキさんは言います。そして、仲良くしていた写真家のTさんが滑落死してしまったときのことを語ります。

担当編集氏に「冬山シーズンですし、安全登山についての話なんてどうでしょう?」と言われ、無言になった。

実は、私は冬の北アルプスに登ったことがない。

驚かれるのだけど、私は山の仕事や暮らしが好きなだけで、登山はそこまで好きではない。嫌いではないけど、通勤以外の登山はそれほどしないのだ。

そんな私でも、安全登山について書きたいことはある。

それは、山で亡くなった知人のことだ。


死亡事故の少ない山だったけど……

私がいた山は初心者向きで、滑落するような場所や道に迷うような場所が少ない。

働いていた約10年の間、死亡事故はほとんど起こらなかった。私が山にいるのが春~秋ということもある。

だけど、死亡事故ではないレスキューならよくある。だいたいは転倒による捻挫・骨折など。あとは体調不良だ。

そういうときの対応はケースバイケース。自力での歩行が困難な場合、登山者を背負って下ろすことが多い。

もちろん「一刻も早く下ろさなければ命に関わる!」といった場合はヘリを呼ぶけど、そこまでの緊急性がない場合は、登山者側もヘリを呼びたがらない。「県警」「救助要請」という言葉が出ると、だいたいの人は「そんなおおごとにしなくても大丈夫です」と尻込みする。

ヘリを呼ばなくても、誰かが背負って下ろす行為は山岳救助なんだけどなぁ……。

じゃあ誰が背負って下ろすかというと、これもまたケースバイケースだ。県警の救助隊員だったり、遭対協(遭難防止対策協会)の隊員だったり。

※遭対協は民間人による救助組織。漫画『岳』の主人公・三歩さんが所属していたことで一躍有名になった。夏は隊員があちこちの山をパトロールしている。

近くに県警や遭対協の人がいない場合は、山小屋スタッフが背負って下ろすこともある。

もちろん私にはできないので、できる人のことは尊敬する。私にできることは、帰ってきたスタッフに「お疲れ様」とおにぎりを差し出すことくらいだ。


山岳事故=山を舐めてる……とも限らない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小屋ガール通信

吉玉サキ

第2回cakesクリエイターコンテスト受賞作! 新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてニート状態になり、自分のことを「社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった新天地は山小屋のアルバイト。それまで一度も本格的な登山をしたことのなかった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

etozudeyoshida 📷 https://t.co/E1Yc4nKMMN https://t.co/GpqL6E4Z9C 5ヶ月前 replyretweetfavorite

kotori00151 #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite

syumatsu_mt 理由や過程はどうあれ人の命が失われることは悲しいことだと思うので、そのことを思えば亡くなった個人を責めることなどできない。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

be_mk_ck 私に何かあっても、非難はナシでお願いします。 https://t.co/3hridnnmee 6ヶ月前 replyretweetfavorite