新年「生まれ変わりたい」あなたに。トルストイの傑作短編小説

ちょっと暗いけど新年におすすめの小説です。ふっと本から顔を上げると、人生がちがったものに見えて――ある意味生まれ変わったような気になったりする一冊。物語の主人公、イワン・イリイチが死を前にしてはじめて、自分の人生とその終わりを見つめたように、新年、このおそろしい小説に照射されて浮き上がるあなただけの人生を味わってほしい。

 つきなみな言葉なんだけど、新年のことが好きなのは、生まれ変わったような気持ちになるからだ。
 もちろん生まれ変わるなんてありえないってわかっていて、2018年のわたしも2019年のわたしも変わらない。残念ながら体重は同じ、身長も変わらず、2019年になって変わったことといえば年末にできていたニキビがなくなったくらいだ(やったね!)。
 だけどそれでも、わたしたちは暦を必要として、「新しい年だ!」ってよろこぶ。
 一度、今までの年が終わり、これからの年が始まることを確認する。新年の目標なんか立てたり抱負を述べたり、今までとちがう自分であることを、少し、願う。
 それはある意味、一度死んでもう一度生まれることのメタファーなのかもしれない。2018年のわたしは死んだのだ、2019年のわたしに生まれ変わったのだ、と幻想を抱くことにわたしたちは癒される。

 ほら西暦によって年越しするのも楽しいけど、元号が変わることだってわりと楽しいし。平成が終わることにみんなちょっと浮かれたりして。
 昔の人が嫌なことがあったら改元していたのがよくわかる。元号で一区切りつけて、何かが終わるのだ、って言うのわりと楽しい。元気になる。平成が終わるの、みんなわくわくしてる。
 一度死んで、生まれ変わりたい。そんな願望は意外と普遍的だからこそ、人類は暦を持ったり神様が生まれ変わったりする物語を語ってきたんだろうなと思う。

 だけど暦なんてなくても。
 わたしの場合、もっとお手軽に「生まれ変わった」気分になる方法がある。
 それは、『イワン・イリイチの死』という小説を読むことだ。

 新年初っ端から暗い小説を紹介してしまうのだけど(いやでも傑作だし短いから新年の忙しい時期でもさくっと読めるよ!)、トルストイの『イワン・イリイチの死』という短編小説を紹介したい。


『 イワン・イリイチの死』トルストイ (著),望月哲男 (翻訳)
(光文社古典新訳文庫)

 舞台は19世紀ロシア。ある裁判官の葬儀から、物語は始まる。
 この小説は19世紀に書かれたのだけど、現代に生きるわたしたちが読んでこれくらいこわい物語もない。
 というのもこれ、要は「スペックも高く、出世も結婚も子育ても上手くいったひとりの人間が、それにもかかわらず人生を後悔し過去をあやまちであったと感じる」話なのだ。

 主人公は皆に愛され、妻子供にも恵まれ、出世も果たし、スマートで品の良い男性だった裁判官イワン・イリイチ。彼は死ぬ間際三日三晩苦しんで死んだと妻は言う。
 さらに葬儀にやってきたイワンの同僚たちは、内心イワンの死によってどのポストが空くのか考え、そしてイワンの妻は彼の死によって与えられる年金をどうやったら多く引き出せるか考えていた……というエピソードが語られる。
 そしてイワンの生前の物語が始まる。「もはや過去のものとなったイワン・イリイチの生涯の物語は、きわめて単純かつ平凡で、しかもきわめて恐ろしいものだった」という言葉とともに。


 イワンは、素敵な女性を妻にしたとかお給料のいいところに就職したとか仕事に打ち込んだとか、たとえば現代の自己啓発本が「成功例」として挙げるような人生をおくる。
 しかし死ぬ間際。突如彼は自分の人生が「胡散臭いもの」のように思えてきてしまうのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb イワンと言われて「イワンのばか」をおもいだしたけれど、違う話のようだ。そもそもトルストイは未読だ…… 2ヶ月前 replyretweetfavorite