伝統は変わるもの。変わっても国がつぶれることはない

自民党の平沢議員が「LGBTばかりになったら国はつぶれる」と発言したことが波紋をよんでいます。保守派の人々が「伝統」を持ち出して「多様化」や「変化」を否定するのは日米問わずにあるもの。アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんは、その「伝統」とはそれほどに絶対的で守らなければならないものだろうかと疑問を投げかけます。

日本では自民党の平沢勝栄衆議院議員が山梨県での集会で「少子化問題」に触れ、「LGBTで〜」と同性婚を持ち出し、「この人たちばかりになったら国がつぶれちゃうんですよ」と発言して話題になっている。選択的夫婦別姓についても安倍首相は「家族の解体を意味する」と反対しているが、日本の保守の人たちは現状の改善を求める声が出てくるたび、「日本の伝統」を持ち出して反対する傾向がある。

「伝統」を持ち出して「多様化」や「変化」を悪者にするのは、アメリカの保守も同じだ。彼らは、移民や男女同権などで「古き良きアメリカの伝統」が脅かされることを社会問題にしている。

つい最近も、保守系テレビ局の司会者タッカー・カールソンが自分の番組で「女が男よりも高収入になると、ドラッグやアルコール依存症が増加する」と主張した。「製造業の雇用は伝統的に男中心だが、重工業が衰退した場所では男が職を失い、学校や病院という女の従業員がもともと多い業種の収入のほうが良くなった。収入が多い女は自分より収入が低い男と結婚したがらない。そこで、結婚率が下がり、未婚の母が増え、ドラッグやアルコール依存症が増え、犯罪で牢獄に入れられる男性が増え、次世代に続く家族が崩壊した」という説だ。カールソンは、12月に「移民がアメリカを汚くする」と発言して、多くの番組スポンサーを失ったばかりだった。

日米の保守的な人たちが必死に守ろうとしている「伝統」とは、それほど貴重なものなのだろうか?


伝統的なクリスマスにこだわる気持ちもわかるけれど…
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Axel_Nico |アメリカはいつも夢見ている|渡辺由佳里 https://t.co/8oiDNrULBk おっしゃる通りで。 ただ、自分が育った環境を"伝統"として家族に受け継いでほしいと願う… https://t.co/Ygt8dMwoBi 11ヶ月前 replyretweetfavorite

tatuki_h 「これまで優遇されてきた人たちは、その特権を失うときに「自分たちのほうが差別されている」と不満を持ち、危機感を覚えるのだろう」→ 11ヶ月前 replyretweetfavorite

yuhyuh__ |渡辺由佳里 |アメリカはいつも夢見ている https://t.co/eDSUaIrmDM 久しぶりに更新された! cakes、何人か好きな書き手さんがいるけど、渡辺さんはその内の1人です。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

charmile77 ヨム。https://t.co/XO2JT0OW82 11ヶ月前 replyretweetfavorite