紅白大トリ・サザンオールスターズに至るまでの特記事項

明けましておめでとうございます。新年最初の「ワダアキ考」は、恒例の『NHK紅白歌合戦』評です。四時間半に渡る生放送は、大トリのサザンオールスターズに至るまでに、何が行われたのでしょうか。今年もよろしくお願いいたします。

三山ひろしは今、蓄音機の修理に励んでいる

三山ひろしのけん玉世界記録達成はとにかく喜ばしく、前回の紅白でチャレンジに失敗した三山に対し、ブログのプロフィール欄に「特技:竹とんぼ製作」とあるのだから、次回は竹とんぼに移行するべきではないか、などと偉そうに記した自分は、テレビの前でしきりに反省した。もはや何かに挑戦しなければならない役どころとなった三山だが、けん玉成功の翌年は、再びけん玉でいくのか、それとも、次こそ竹とんぼに移行するのだろうか。もう一つの特技である「裁縫」で、何がしかに挑戦する可能性もある。年が明けてから彼のブログを見ると、昨年末から続けてきた蓄音機の修理に引き続き励んでいる。これは、今年の紅白に向けての何らかのメッセージなのだろうか。紅白出演時、彼の着物には「我が成すことは我のみぞ知る」と記されていた。

すっかり、演歌勢が誰かを引き連れないと登場できなくなってしまった。石川さゆりは布袋寅泰、天童よしみは筋肉体操、丘みどりは畠山愛理、坂本冬美はダンスチーム、氷川きよしは和太鼓パフォーマンス集団、五木ひろしはDA PUMP・TWICEなど、山内惠介は刀剣男士、北島三郎は北島兄弟と、とにかく別の人的要素がなければ登場できない。当然、演歌歌手それぞれは自分だけで歌いたいに決まっている。「あいみょんの後ろに天童よしみ」「EXILEの中に五木ひろし」と想像してみれば、即座にあり得ないと結論づけられるが、「五木ひろしの後ろにDA PUMP」的な現実にいつから慣れたのかと問われれば、私たちの多くは「うーん、いつの間にか」とモゴモゴ答えるのではないか。

水森かおりはなぜ豪華衣装を着なかったのか

今回の紅白で大きく失望したのは水森かおりの演出だった。ご存知の通り、このところ、毎年豪華衣装を披露してきた水森だが、ただただ豪華衣装で歌うというシンプルなスタイルが、豪華衣装に付加価値をつけて「対決」として煽ってきた小林幸子と美川憲一(と、それを論評する和田アキ子)の記憶を薄める大切な役割を果たしてきた。水森かおりの「地味な豪華衣装」という語義矛盾は、別の人的要素を必要とする昨今の演歌歌手の定則に抗ってもいたわけだが、今回は豪華衣装ではなく、世界的イリュージョニストのメイガスとのコラボレーションを選んでしまった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ナンシー関に"賞味期限"はない

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3839Ay 唐突なほっちゃん。笑 美空ひばり、Crystal Kay、miwa、河村隆一、TUBE前田、小泉今日子、杏里、WANDS上杉、小… https://t.co/z423W1CHdB 5ヶ月前 replyretweetfavorite

kareigohan42 ホントに忘れられない。頭のなかではミスチル終わりなき旅流してたんじゃないかと思う笑 ›NHK・サッカーW杯のテーマ曲となったこの曲を、ちっとも自分の体には馴染んでいないと匂わせてしまう長谷部誠の真面目な表情も忘れられない。 https://t.co/ZwqQ0krM3f 6ヶ月前 replyretweetfavorite

wash203 「ちっとも自分の体には馴染んでいないと匂わせてしまう長谷部誠の真面目な表情」 6ヶ月前 replyretweetfavorite

HIKILINER0627 #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite