わかる日本書紀

神様姉弟の喧嘩がきっかけで、日本終わりかけました【神代④】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した『わかる日本書紀① 神々と英雄の時代』から、日本の正史を学ぶ連載。

天岩屋戸(あまのいわやど)②

【前回の記事はこちら

あまりの乱暴にアマテラスは怒って、天岩屋戸の中に入って岩戸を閉じ、引きこもってしまいました。

そのために、国中が常闇(とこやみ)となって、昼夜の区別もなくなりました。この事態に、八十万(やそよろず)※1の神々は天(あめ)の安(やす)の河原※2に集まって、どう祈ったらアマテラスが天岩屋戸から出てきてくれるか相談しました。その会議で、知恵者のオモイカネ(思兼神/おもいかねのかみ)が深慮遠謀をめぐらして手筈を決めました。

まず、常世(とこよ)の長鳴鳥(ながなきどり)を集めてきて一斉に長鳴きをさせました。次に、力持ちのタチカラオ(手力雄神/たちからおのかみ)を岩戸の脇に立たせ、アマノコヤネ(天児屋命/あまのこやねのみこと)とフトタマ(太玉命/ふとたまのみこと)が、天香山(あめのかぐやま)※3の青々とした榊(さかき)の木を掘り起こしてきて、上枝に五百箇御統(いおつのみすまる)の飾りを掛け、中枝には八咫鏡(やたのかがみ)※4を掛け、下枝には、青い麻の和幣(にきて)※5、白い木綿(ゆう)の和幣を垂らして、神々が共に、アマテラスが出てくるように祈りました。

そして、アマノウズメ(天鈿女命/あまのうずめのみこと)が、魂を鎮めるために茅(かや)で柄を巻いた矛(ほこ)を持って、天岩屋戸の前で巧みに滑稽な仕草をしたり踊ったりしました。神の意志を聞くために天香山の榊の枝を髪飾りにし、蘿葛(ひかげかずら)※6をたすき掛けにして、篝火(かがりび)を焚き、伏せた桶の上で、神がかり※7して語り踊ったのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る一冊。

マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀1 神々と英雄の時代

村上 ナッツ,村田 右富実,つだ ゆみ
西日本出版社
2018-12-18

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jimotonohon cakesにて『 10ヶ月前 replyretweetfavorite