自分を知るということが人生のスタートライン

長野県東御市で急成長を続け注目を集める「パンと日用品の店 わざわざ」の代表、平田はる香さん。これまでお伝えしてきた「評価しない人事制度」では、自己を知って自分のポジションを決めるのがポイントでした。今回は、平田さんご自身を例に、どのようにして自己を知り、仕事に活かしていったのかをご紹介します。


どーも、初めまして平田です。今日はこのおばちゃんを解析してみるよ!

わたしとはどんな人間なのだろうか?

前回までで「わざわざ」の「評価しない人事制度」のことを書き綴ってきました。この人事制度は言ってしまえば、自分で自分の居場所を決める制度なので、自己を知るということが最大のキーポイントになります。ではどんな思考回路によって自己を知り、仕事に活かしていくのか? 今日はわたし平田を題材に書いてみましょう。

平田はる香、42歳、夫と子ども2人、長野県東御市でパンと日用品の店「わざわざ」を経営。好きな食べ物は赤ワインと寿司。寿司と赤ワインのコンビネーションが今ひとつなのがいまいちだなと思っている。っていうことじゃなくてね。そういうのが自分を知るってことではない。これはただの自己紹介であって、外部への情報共有をしただけで、仕事にも人生にも何の意味もないのだ。


考える人(thinker)なのか? 考えない人(routine)なのか?

考える人である。『仕事に優劣はない!「評価しない人事制度」作りました』の回で示した両者を分類するための8のチェック項目に当てはめると、わたしはThinkerで7/8、Routineで4/8で適合して、圧倒的にThinkerタイプになる。けれども、Routine特性の中でも上位基準になる「日常の繰り返しに耐えられる」などが示す継続性を併せ持ったThinkerである。考えつつ、継続性を持ってコツコツ一つのことをやり続けることができるので、今のような状況になってきたと言えるだろう。

Thinkerタイプの人は、会社を起こしたり個人事業主などで独立するタイプが多い。さらにその中で継続性を持っていない人は、最初から会社という組織の形にして労働を補填していかねばならない。仕事には必ずルーティンワークが付随するため、Thinker一人では業務を継続的に回すことができないのだ。わたしのようにThinkerタイプで継続性を持ち合わせている人は、個人事業主になるケースが多いだろう。割と器用で色々なことができるため、個人で動いた方が楽ということになっていく。

わたしは個人事業主でスタートして、数年後に人を雇い始めて8年後に会社組織にした。これは事業の継続性を望みながら、自己の継続性とすり合わせができなくなったことに気がついたからである。人間は老いる生き物だが、事業に永続性を望むならば、老いることは許されない。常に新しい力を受け入れ組織を継続させること=会社という組織にするべきだと結論づいたのである。

そこに気付けるのはThinker特性がRoutine特性より優っていた点に他ならない。Routineタイプが仮に事業をスタートさせた場合は、こうはならない。それは圧倒的Routineタイプ=いわゆる職人であり、一人で事業を完結させるしかなくなる。

職人タイプの人は継続的な反復練習ができ、誰にもできないような高等技術に昇華させることが得意だ。そして反対に自ら新しいことを思いついたり、時代に合わせて変化していくことは不得意な場合が多い。また自己の技術力が高いが故に理想も高く、他人に技術を簡略化して教えることも難しい。自分が高等技術を身につけた時間と、同じだけの時間を費やして技術は習得すべきだと考えてしまいがちなのだ。

もし自分を職人タイプとして認識するのならば、頑固一徹の個人事業主となって人生をやりきるか、Thinkerタイプの人と組んで独立もしくは雇われるのが最適解である。意外とこの点を理解していない人は多い。飲食店などで修行後に独立するというパターンでうまくいかないのは、職人タイプが人を雇うという根本的な過ちを犯しているケースが多いだろう。自己が職人タイプと認識できているならば強い。その特性を活かす方向にただ走ればいいのだから。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わざわざ平田の思索日記

平田はる香

長野県東御市にある「パンと日用品の店 わざわざ」。山の上の長閑なこの場所に、平田はる香さんは2009年にひとりでお店を開きました。平田さんがnoteで公開した記事「山の上のパン屋に人が集まるわけ」が大いに反響を呼び、独自の経営スタイル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ue3021 |平田はる香 @wazawazapan |わざわざ平田の思索日記 自分はどのタイプ? https://t.co/44653EEuEe 2年弱前 replyretweetfavorite

SetunaHearts #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite

SetunaHearts #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite

paseri_mom 足りないものを補填しあえるように。 まずは、自分の足りないものを知るところから。 自分の足りないものを知ると、すこし、周りに優しくなれる気がする。 https://t.co/DM8qW5g2RZ 2年弱前 replyretweetfavorite