わかる日本書紀① 神々と英雄の時代

アマテラス姉さんと初対面!行ったら武装して待ち構えてた【神代②】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した『わかる日本書紀① 神々と英雄の時代』から、日本の正史を学ぶ連載。

アマテラス、ツクヨミ、スサノオの誕生

イザナキ、イザナミの二柱の神は 、海原を生み、川を生み、山を生み、次に、木の祖先のククノチ(句句廼馳)を生み、草の祖先のカヤノヒメ(草野姫)を生みました。別名はノツチ(野槌)です。

二柱の神は相談しました。
「大八洲国(おおやしまのくに※前回参照)と山川草木を生んだうえは、天下の君主となる者を生むべきだろう」

二柱の神は協力して日の神を生みました。オオヒルメノムチ(大日孁貴)またの名を、アマテラス(天照大神/あまてらすおおみかみ)ともアマテラスオオヒルメ(天照大日孁尊/あまてらすおおひるめのみこと)ともいいます。
この御子は身体が光り輝いていて、天地四方を照らしました。二柱の神は、
「今までたくさんの御子を生んだけれど、こんなに霊妙(れいみょう)な御子は初めてだ。この国に長く留めず、早く天上に送って天上のことを教えよう」
と喜びました。そのころは、天と地の間はまだそんなに離れていませんでした。それで、二柱の神は、碬馭盧島(おのごろしま)に立てた柱を辿って、日の御子を天に差し上げました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る一冊。

マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀1 神々と英雄の時代

村上 ナッツ,村田 右富実,つだ ゆみ
西日本出版社
2018-12-18

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀① 神々と英雄の時代

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません