2ちゃんねるが生んだ奇跡「2002年のモーニング娘。とタンポポ」

モーニング娘。と山一證券、モーニング娘。と小泉構造改革、モーニング娘。とミレニアム問題……。ニッポンの失われた20年の裏には常にモーニング娘。の姿があった! アイドルは時代の鏡、その鏡を通して見たニッポンとモーニング娘。の20年を、『SMAPと、とあるファンの物語 -あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど-』の著書もある人気ブロガーが丹念に紐解く! 『月刊エンタメ』連載中の人気連載を出張公開!

インターネットの普及とモーニング娘。のブレイク

 2002年、モーニング娘。の音楽作品に、初めてある言葉が登場した。

「繋がんない夜10時のネット」(『いきまっしょい!』)

 この2002年とはちょうど、インターネットの人口普及率が国民の過半数(57・8%)に初めて達した年でもある。そもそもモーニング娘。が『愛の種』でインディーズデビューした1997年、電話回線を使うダイヤルアップ接続が主流だったインターネットは人口普及率も9・2%とかなり低い数値に留まっていた。しかし直後に携帯電話による接続サービス「iモード」や高速通信が可能な「ADSL」が登場すると、ネット利用者が急増。中でも10~30代はネット普及率9割とその訴求効果はすさまじく、彼らに牽引される形で、日本社会のIT化は止まることなく突き進んでいったのである。

 そして面白いのは、そのネット黎明期の若年層が、黄金期モーニング娘。のファンゾーンと完全に一致していたという点だ。自分と同年代のアイドルを応援する若きファンは毎夜〝繋がんない〟回線環境にもめげず、パソコンを立ち上げてはグループの楽曲やテレビ出演の感想を、いつも熱心にネットへ書き込んでいた。

「ネット社会が始まって〝2ちゃんねる〟ができた頃は、ネットに参加してる連中っていうのはすごく能動的で(中略)〝つんく♂が今回の曲で安倍なつみをセンターに持ってきたのは、やっぱりこれこれこういう理由なんだよ。『ASAYAN』を観てもこうだったし〟とかね、嘘でもええから書いてるんですよ。まあそれを〟ああ、こいつマニアックやな〟とか〟それは違うな〝って思いながら読んで」(つんく♂)(※1)

 後にプロデューサーのつんく♂も見ていたことを明かしているように、ファン同士が気軽に繋がるネットコミュニティは、それまでのテレビや雑誌とは全く違う形の情報を日々全国に発信した。どんな小さなことでもファン自身の手で価値が見出され、その発見のやりとりで、声援がさらにボリュームアップしていくのである。

 2000年代初頭にかけて大ブレイクしたモーニング娘。がデジタル文化最初の国民的女性アイドルであることは間違いないが、それは同時にモーニング娘。のファンコミュニティが、この国でかなり早い時期からネットを通じて大きく広がっていたということでもある。

 そしてその象徴といえる出来事も、やはりこの2002年、それは多くの人の記憶に深く刻まれる形で起きていた。

 発端は2002年7月末、新作映画の記者会見にあわせて発表されたハロー!プロジェクトの〝大規模リニューアル〟だった。

「後藤真希と保田圭がモーニング娘。から卒業」
「既存ユニットの再編成」
「新たなグループの誕生」

 それまで順調に活動していたアイドル集団の大変革は、大半のファンにとってまさに寝耳に水だったが、中でも衝撃が走ったのはモーニング娘。の派生ユニットであるタンポポ(飯田圭織、矢口真里、石川梨華、加護亜依)のメンバー入れ替えだった。同じく人気を博していた派生ユニットのプッチモニが、後藤と保田というメンバー2人の卒業にあわせて大きく動かざるを得なかったのとは対照的に、タンポポにはそういった事情がないまま、石川梨華を残して3人のメンバーが大刷新されることになった。

 モーニング娘。としてはなかなか前列に立てないメンバーが

「思い入れが強い」(矢口)(※2)
「命に代えても惜しくないくらい好き」 (飯田)(※3)

 と常々口にしていたユニットへの思いと、それに相反する現実に、激しく動揺するファンたち。しかしそれでも皆の愛した風景が大きく変わる節目はすぐにやってきた。2002年9月23日、横浜アリーナで行われたモーニング娘。の全国ツアー「LOVE IS ALIVE!2002夏」最終公演である。

後藤真希卒業コンサートでタンポポ4人を待っていたのは……

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
モーニング娘。年代記

乗田綾子

アイドルは時代の鏡——その時代にもっとも愛された者が頂点に立ち、頂点に立った者もまた時代の大きなうねりに翻弄されながら物語を紡いでいく。今年20周年イヤーを迎えるモーニング娘。の歴史を、ニッポンの歴史と重ね合わせながら振り返る。娘。が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MAAYAz 二期タンポポの思い出は歴代の娘。内ユニットのなかでもみんな強かったから、この記事も泣ける、TBSとニッポン放送のラジオ番組も毎週楽しかったとか、いろいろ思い出あるからSNSじゃ長くなって書けない 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

shigetylive “「タンポポのとき一面黄色にしてえなあ」 1人の名無しファンが 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

r1242 あの一面の黄色はずっと忘れないだろうなあ> 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

Axel_Nico |モーニング娘。年代記|乗田綾子|cakes https://t.co/Gmkl4S1ppl >>944 あなた今いいこと言った。 やりますか。… https://t.co/0g1i2aKPzx 約2ヶ月前 replyretweetfavorite