#2 AI時代の必須教養の時間割

アップルのスティーブ・ジョブズ氏は、かつてこう言った。「われわれは常に、テクノロジーとリベラルアーツの交差点に立とうとしてきた。技術的に最高のものを作りたい。でもそれは直感的でなければならない。これらの組み合わせがiPadを生み出した」

 アップルのスティーブ・ジョブズ氏は、かつてこう言った。

 「われわれは常に、テクノロジーとリベラルアーツの交差点に立とうとしてきた。技術的に最高のものを作りたい。でもそれは直感的でなければならない。これらの組み合わせがiPadを生み出した」

 アップルの革新的な製品群は、ジョブズ氏のこうした哲学から生まれているのだ。

 人工知能(AI)がひたすら進化を続ける現在、われわれもテクノロジーとリベラルアーツの交差点に立つ必要がある。技術一辺倒ではなく、人間性がそこに共存することで、イノベーションが起こり、われわれの未来が切り開かれるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
AI時代を生き抜く プログラミング&リベラルアーツ

週刊ダイヤモンド

「AI(人工知能)に仕事を奪われるのではないか」──。企業がAIを導入して業務の効率化を進める中で、漠然とした不安を感じている人は多い。そんな時代を生き抜くために必要なのが、AIを味方にする教養=プログラミングと、AIで代替できない教...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません