正月明けの胃腸を、「一汁一飯」で整える。

お正月明けの疲れた胃腸を、やさしく整えるセリと鶏肉の味噌汁をご紹介します。じつは根っこがおいしいセリを1束まるごと使います。スープ作家の有賀薫さんによる、旬の野菜をたっぷり食べるベーシック・スープのレッスン。この連載を元にした書籍『スープ・レッスン』も好評発売中です。

根っこも使った、セリを楽しむお味噌汁

年が明けましたね。年末年始はいかがお過ごしでしたか?
お正月気分を日常に戻すためにも、まずは年末年始の食べ過ぎ・飲み過ぎで重くなった体を、少し整えたいところですね。

そんなときはやっぱり、ごはんと味噌汁の組み合わせが一番です。今日は春の七草のひとつでもあるセリと、鶏肉を組み合わせた味噌汁を作ろうと思います。鶏肉やセリの根っこからいいだしがでるので、わざわざ別にだしを取る必要はありません。セリの香り高い、シンプルでも満足感のある味噌汁です。

「一汁一飯」は私の造語ですが、ごはんと具のたっぷり入った汁さえあれば、じゅうぶんな食事になります。作るのも食べるのも後片付けも楽で、体もすっきり。簡素な食事で一年をスムーズにはじめましょう。


セリと鶏肉の味噌汁

材料(2人分) 所要時間約15分

セリ 1束(約100g)
鶏肉細切れ 100g
味噌 大さじ3 (54g)
水 600mL

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

野菜、お好きですか? おいしい旬の野菜を手に入れたら、ぜひシンプルなスープで味わってみてください。旬の野菜をたっぷり食べる、究極のベーシック・スープをスープ作家の有賀薫さんが教えててくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

AizuLover 鶏だしに、セリをごっそりいれて、味噌をといたおつゆ。昨日作ってみたら意外と好評だった! スーパーでセリを見かけたらまたやってみよう。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

c___v 鶏はアクを取ったら弱火、セリには鉄分、と(メモメモ) 10ヶ月前 replyretweetfavorite

o8o8o8o つくろ。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

2010012310 今日のごはんはこれにしました。頑張った胃腸をいたわります!➡ 10ヶ月前 replyretweetfavorite