七草粥】湯から加熱することで究極のおかゆに

食の博識、樋口直哉さんによる科学的「おいしい料理」のつくり方。年明け1本目、32回目のテーマは『七草粥』です。お正月料理で疲れた胃を、お腹にやさしいおかゆで休ませましょう。「生米から炊く」「熱湯にお米を入れる」、それだけで一段上のおいしいおかゆを作ることができます。

日本には1月7日、人日の節句に七草粥を食べる習慣があります。正月の酒やごちそうで疲れた胃を癒やすという意味もあったのでしょう。
今日は七草粥をつくりながら、おいしいおかゆの作り方をご紹介します。考慮すべきは米に含まれるデンプンの性質です。

材料(2人前)
米…75g(半合)
水…800cc
カブの葉…2〜3個分(体積で1カップ)
塩…3g(小さじ1/2)

作り方

1.鍋に800ccの水を沸かしたところに、米を入れる(Tips1『湯から加熱することで究極のお粥に』)。一度だけざっくりとかき混ぜ、弱火に落として30分煮る。(炊きあがりは450cc〜500ccが目安)


2.塩3gと刻んだカブの葉を入れて1分間だけ弱火で煮る。器に盛り付ける。(Tips2『春の七草』)


★レシピの解説
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

巷にはさまざまな食の情報があふれています。そのなかには昔は正しかったけれど、現在では正しくないものも。noteでも大人気の料理家、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、科学に基づいた「おいしい料理をつくるコツ」をご紹介...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaorun6 @marotan1026JC お粥は米と水を鍋に入れて煮るだけの料理です。自分で作れたらいつでも食べられますよ。リゾットなら私、和風のお粥なら樋口直哉さんのレシピをどうぞ。 https://t.co/Lf4RUdZDQ7 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kaorukodegozaru 今年の七草粥はこのレシピで作ってみた。お米の粒感があって美味しかった〜!https://t.co/NLvkyU7gFz 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

piyokoroom メモ https://t.co/RBrg1Hcqp0 葉ものじゃなくてもいいかな。。。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

N9Oj2Sy4FXcD5Ts #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite