​恋愛の季節は戻らない

新年、あけましておめでとうございます。今年最初の「ワイングラスのむこう側」は、人間関係のお話。「人間関係はどうがんばっても元には戻れない」と断言する林伸次さん。その真意とは一体なんでしょうか。

壊れた人間関係は元通りには戻らない

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

あけましておめでとうございます。みなさん、この文章をどんな場所で読まれているのでしょうか? 家族と自宅でゆっくりとしながらでしょうか。それとも旅行先。あるいは「もう仕事、始まってるから」なんて方もいるかもしれませんね。

僕、「恋愛には季節がある」と常々、言ってまして。出会ったころの「え? もしかして自分に気があるのかな」とか、初デートでのドキドキとか、そういう一番楽しい時期が「恋愛の春」なんですね。で、キスをしたら「春は終わって夏」になります。

恋愛の夏は、まあ一番盛り上がる時期です。「会いたい!」とかメッセージを送ったり、街中で抱きしめたり、そういう時期です。で、秋が来て、なんとなくすれ違い始めて冬がくるというわけです。

これ、いつも思うのですが、絶対に後戻りできないですよね。秋の時に、あのドキドキした春の時期のような「え? 気があるの?」って感覚には絶対に戻れません。あの、手が触れたら、「あ!」って感覚、恋愛が夏の時、セックスやキスを普通にしている時にはまさか戻ってこないですよね。

これってつまり「人間関係はどうがんばっても元には戻れない」ということだと僕は思っています。例えば人間関係って、近くなれば近くなるほど遠慮がなくなってきて、他人のはずなのに、まるで親子や兄妹のように接してしまって、どっちかが「カチン!」と来ること、ありますよね。

あの「なれ合いすぎて遠慮がない状態」ってそれ以前には戻れないですよね。「なれ合いすぎて遠慮がない状態」って、心地よいのかもしれませんが、実は一歩間違えると、ちょっとした言葉遣いの間違いで、「二度と会いたくない」という状況になります。「親しき仲にも礼儀あり」と昔の人はよくいったものです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nextbaron 恋愛の季節は戻らない|林伸次 @bar_bossa | 「復縁はまず不可能」ではない場合もあることはあるだろうが、まず不可能と思って人と接するのが大人のマナーとして適切だろう。 11日前 replyretweetfavorite

qX0l85WYsffBRKh 恋愛の季節は戻らない|林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 すごい身につまされました…orz https://t.co/lF4Kh0ttmZ 11日前 replyretweetfavorite

restart20141201 "「何か決定的なことを言ってしまって」、もうその後は関係性が一気に冷え込むっていうのが普通だと思います。" 11日前 replyretweetfavorite

darling00000000 恋愛の季節は戻らない|林伸次 @bar_bossa | ふむ。 11日前 replyretweetfavorite