第8回】なぜアイドルは短期間で演技力を上げられるか

「ブラタモリ」プロデューサー、尾関憲一さんの連載も今回が最後。最終回は、「本番の力」の話をします。 「ぽっと出」と揶揄されるアイドルが、ドラマや演技の世界に挑戦し、めきめきと頭角を現すことがあります。長い下積みを積んだ役者さんをいとも簡単に追い抜いてしまいます。なぜなのでしょうか。そこに、「本番」を積むことの大切さが隠れているのです・・・

なぜアイドルは短期間で演技力を上げられるか


「仕事」は事前の「練習」ができる種目ではありません。

つまり、本番の数だけが、仕事の力を伸ばしていきます。


たとえば、新人のアイドル歌手が役者の仕事を与えられる場合。

本来、役者の仕事は長い下積みが必要。町の劇団などでも、夢をあきらめずに、真摯に舞台に取り組んでいる人たちがたくさんいます。

そんな世界に、「ポッと出」のアイドル歌手が乗り込んでくる。

何もできないアイドルが、容姿がカワイイ(あるいはカッコイイ)というだけで、ドラマに出たりお芝居をやったりすることに批判的な目が向けられることがあります。


しかし、そう言われて数年経つうちに、驚くほどの存在感を持った俳優に成長してしまうことがあります。

何十年も劇団に所属して俳優を夢見ている人たちが、「仕事も投げうって、厳しい生活の中で芝居を追究しているのに」と思う一方、まったく下積みもなく、お芝居も観たことがないようなアイドルがどんどん登っていく。

ぼくは、これはけっして、「所属事務所の影響力が強いから」という変な勘繰りですまされる話ではないと思っています。


これこそ、「本番の力」だと思うのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ブラタモリ』を生み出した  脱・マーケティングの企画術

尾関憲一

終了から1年今なお再開を望む声が寄せられる、探検散歩番組『ブラタモリ』。マニアと思われていた地理や歴史の世界を鮮やかにヒットにつなげたのはNHKの敏腕プロデューサー、尾関憲一氏でした。『東京カワイイ★TV』『天才てれびくん』『熱中時間...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kawademan 「本番」の力!? これも読んでみたい。 http://t.co/wmg2N4WM7A 4年以上前 replyretweetfavorite