関ジャニ∞・村上信五 努力は周りのためにすると華ひらく

『月曜から夜ふかし』MCをはじめ、バラエティ番組を中心に活躍する村上信五さん。順風満帆な道を歩んできたように見えますが、黄金期とも呼ばれるジャニーズ同期のなかで自らの才能や立ち位置に悩んでいた時期もありました。そんな村上さんはどのようにして現在の地位を獲得したのでしょうか。〝誰でもいい〟から〝誰も代わりがきかない〟存在になっていった、ジャニーズタレントの努力に迫ります。書籍版はこちらから。

「努力って、自分でハードル上げれば、
いつの間にか当たり前になっていくんですよね」
(村上信五,1982-)

目標に最短でいこうとしていた

ビートたけしをして「器用な人は何をやっても器用」と太鼓判を押された男・村上信五。マツコ・デラックスとの『月曜から夜ふかし』MCをはじめ、バラエティ番組を中心に活躍しています。関ジャニ∞としてのレギュラーを合わせると、週8本のテレビのレギュラー番組を持っていた時期もあるほどの、売れっ子バラエティタレントです。

タメ語と敬語を器用に使い分ける、安定の域とも言えるそのトークを見ていると、すぐに華が開いたようにも見えますが、そうではありません。
ジュニア入りは1996年。当時は、本人も「ただキャーキャー言われたくて、嫌われないようにすることしか考えていなかった」と振り返る通り、よくも悪くも押しの強い関西Jrの1人でした。
そして、Jr入りからデビューまでは約8年、そこからレギュラーのMC番組を持つまで3年。その足跡を振り返り、こんな発言をしています。

「目標に最短でたどり着こうとしすぎていた」

どういうことなのか、この22年の足跡を追ってみましょう。


見えた道がそこしかなかった

1996年の末、中学3年生のときに、事務所に入り、すぐに関西ジャニーズJrの中心メンバーとして、前面に押し出された村上信五。当時は、関東のJrとして、滝沢秀明や、現在の嵐のメンバーがいて、Jrの黄金期と言われた時代。村上は、同じ関西Jrの横山裕・渋谷すばるとともに、東京で寮生活をしながら活動を続けます。

しかし、黄金期のJrたちに囲まれて、
「歌もダンスも演技も、僕はいちばん才能がない」
「周りには嵐とかタッキー&翼がいて、歌っても踊っても、オーラや華も全然違う」
と感じ、自分の立ち位置に悩みはじめます。そんなとき「Jrにツッコミっておれへんな」と気付くのです。

「その頃の僕は、〝ガヤ〟ですよ。にぎやかし役しか立ち位置がなかった。ただ、ラッキーなことに、当時のJrはボケてなんぼっていう空気があったから、その中でいちばんのツッコミになろうと思ったんでしょうね」

そうして、自分の道が見え始めてきます。
「いろんな道の中から選んだんじゃなくて、見えた道がそこしかなかった」
と振り返る村上は、色々なバラエティ番組を見て、ツッコミを勉強していきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が書籍化されました! 本当の〝才能〟とは、努力できること。 SMAP、TOKIO、V6、KinKi Kids、嵐、滝沢、亀梨…… 「努力の16人」と、彼らを導いたジャニー喜多川の「育てる力」に迫ります!

この連載について

初回を読む
ジャニーズは努力が9割

霜田明寛

紅白歌合戦の司会を担当し続け、映画やドラマに出れば、ヒットを飛ばす、日本の芸能界を代表するジャニーズのタレントたち。しかし、彼らはもともと才能があって生まれてきた人たちではありません。「才能」と呼ばれるものは、天から授かるものではなく...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

eighter825922 ヒナで上がってた https://t.co/IBA2mnBphd 1年以上前 replyretweetfavorite

Mix_Vegetable_ https://t.co/jy0EsufL22 1年以上前 replyretweetfavorite

hakkaisan_sake 村上くん、すんげぇなぁ 1年以上前 replyretweetfavorite

_h_i_t_o_m_i_ ジャニーズに全然詳しくないけど、この連載を読んでからイメージが変わった 1年以上前 replyretweetfavorite