ステップ3:離乳食に加えて、大人の食事を少しずつあげる

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。
栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます!
書籍『小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいです。』より掲載。毎週水・土に配信。

ステップ3
離乳食に加えて、大人の食事を少しずつあげる

・一人で座って手をパチパチしたり、おもちゃで遊ぶ

・ハイハイをして、あちこちに移動する(ずりばい可)

・座ったまま足を動かして移動する

・体を支えてやると足を強く蹴けって立とうとする、もしくはつかまり立ちをする

・おもちゃをつかんで投げる

・床のゴミをつまむ(つまんで食べる)

・自我が出てきたように感じられる:怒って泣く、喜んで笑う、
 いやなとき は「イヤ」と首をふる、など

こういうサインが出てくると、もうなんだか立派に小さな人間ですよね。

それは大人と同じものを食べる準備ができたということですから、
離乳食に加えて大人と同じ食事を徐々に始めていきましょう。

最初にあげるものとして適しているのは、

・小さく切ったバナナ
・小さく切ったイチゴ
・薄くスライスしたリンゴ
・ゆでて細く切ったニンジン
・ゆでて細かくしたブロッコリー

などです。

これらは残念ながら市販のものはないのですが、
食材を買って、洗って、切る (子どもが手に持ちやすいように)、
そしてものによってはゆでる、チンする。

これだけですから、ぜひ用意してあげてください。

通常の離乳食に加えて、前記のような食材をあげ始めて1カ月くらいすると、
子どもはだんだんと自分の手で食べるようになります。
そうしたことから、「手づかみ食べ」「Finger Food」「Table Food」と呼びます。

これができるようになってきたら、シリアルもそろそろ卒業です

もし余っていたとしても、今後も体調が崩れたとき、食欲がないとき、などに使えます。

ママやパパ用のお肉やお魚、野菜や果物などから少し取り分けて、
調理ハサミで切ってあげるとか、スプーンやフォークでつぶしてあげるというようにしていけば、
子どもも大人と同じものを食べるようになっていきます。

ただし、大人の食事は味が濃いので、
最初は子ども用に砂糖や塩分を加えずに作り、大人用はあとで味を足す

というようにしてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

小児科医のママが教える、ママも子どもも笑顔になれる育児革命本!

この連載について

初回を読む
離乳食は作らなくてもいいんです。

工藤紀子

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。 栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます! ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません